<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かぶれ系の特効薬 
昨日、ゆいがとーっても久しぶりにオムツかぶれを起こした。
ゆるゆるうんちを数回したら、かぶれちゃったみたいで
もうおしりを拭こうものならギャーって感じで泣いていた。
これは、摩擦がいけないんだとお風呂に連れて行ってシャワーで流そうとしたら、
つま先立ちでプルプル震えながら泣いちゃって、かわいそうだった。
もちろん、昨夜のお風呂もおんなじ状態。

こんなにおしりが痛くなったのって、初めてかもしんない。

でも、私には強い見方があるので大丈夫。
IMG_2220_R.jpg
これ。
もう使い終わろうとするところだけど、実はこれは大人用のハンドクリーム。
よくみると、ハンドニークリームと書いてあるのがお分かりいただけるだろうか。

離乳食を始めた頃、ひなのよだれかぶれがひどくて、病院に行ったりもしたんだけど
軽くワセリンをもらった程度では全然良くならなくて、いろいろ調べて辿りついたもの。
始めは恐る恐る塗って、とりあえずかぶれがひどくならないか確認。
で、大丈夫そうだったので薄ーく塗り続けていたら、1~2週間でよだれかぶれが
すっかり良くなった。

それからというもの、ちょこっとおしりが赤いなーと思ったときもこれをさっと塗るようにしている。
すると、一晩で大体治るから。

今回もゆいのおしりに塗って、一晩経ったらすごく赤みが引いていた。
そして、触るとまだちょっと嫌がるけどあんなに恐れていたお風呂も
いつも通りごきげんで入ってくれたのできっと明日には良くなっていることだろう。

もし、お子さんがよだれかぶれやおしりかぶれでお悩みのママがいたら
ちょっと試してみるといいかも。
ま、医薬品ではないので効果は保証しませんが、もしお子さんに効き目がなかったとしても
ママのハンドクリームとして使えます。


そして、おしりも調子良くなってきたことだしということで公園に連れて行った。
公園に着くなり二人の目標はすべり台。
今日行ったすべり台は、階段が7段くらいで一番てっぺんに行かれても
私の手が届くので階段を登る二人を見守ることにした。

そしたら、ひながうまい具合にてっぺんでしゃがんで滑り降りてきた!
すごーい!すべり台成功記念日!!

続けてのゆいは、てっぺんからあろうことか駆け降りてこようとしたので
相当びびった私。
「座って座って!!」「足伸ばして!!」「あー、立ったまま来ないで!!」
すべり台の下から叫び続ける事数回、ゆいもスイ~っと滑れるように。
滑り降りるとその達成感からか「きゃーー!」と奇声を上げ、また階段へ戻る。
そんなに楽しんでるのに滑ってる瞬間の顔は毎回引きつってた。

何回も何回もすべって登ってすべって登ってを繰り返したら
疲れたのか二人の足がもつれてきたので帰宅。
snap_miffio1210_200961223743.jpg
シャワーで汗を流した後、じいじと遊ぶ。
じいさん、絵を描くのを邪魔されたくなくてひなの腕わしづかみ。
書いているのはやっぱりキジ。

日中たくさん遊んだからか、夜も瞬殺ぎみで眠ったし、
ゆいのおしりさえ痛くなければ、とっても健康的な日だったなー。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。















バトミントンに挑戦 
最近、何の前触れもなく玄関に行って「バッバーイ!」と言いながら
裸足で逃走を謀るのが流行っている。
実家の場合、天気のいい日は玄関を開放する事が多いので、気づくと庭に!!
なんてことも数回あった。

今日も、朝から外に出たくてウズウズグズグズ。
私より先に朝ごはんを食べ終わった母が二人を外に連れて行ってくれた。

日課のシロツメクサ遊びをしていると、りょうがも登場。
りょうがはまだ7ヶ月で全く歩けないのに、下に降りたいとグイグイ体を動かして
ついにクローバーの中に座らせてもらえてた。
そこからは葉っぱをちぎったり、花をちぎったり。
うちの子と違うところは、それらをとりあえず全て口に入れようとする所。
まだ、そういう時期だよねぇ。ってか、ひなとゆいもたまに石とか入れてるけど。

私がひなとゆいを見ていて、フッとりょうがの事を振り返って見たときには
ちょうど彼の口からシロツメクサの花が丸ごとスポッと出てきた(強制的に出された)ところだった。
丸かじりしちゃったのね~。


お花遊びもいいけど、ひなとゆいには疲れてもらって、ゆーっくり昼寝してもらいたかったので
追いかけっこ。
「走れ走れ走れ走れ走れ♪」ぐるぐるどっかーんの歌を熱唱しながら子供達を追いかける私。
思惑通り走るひなとゆい。いい調子。

で、ただ走っている事に飽きた私が、車に積んでいたバトミントンセットの事を思い出して
出してみた。
「ねーねー、これ面白いもの出したよー!」
と二人に渡すと、案の定興味を示した。
IMG_2149_R.jpg
サーブします。キラーン。
っていうのはもちろんウソで、本当は
IMG_2150_R.jpg
ガラガラガラガラ。だた引きずって歩くのみ。


でも、ラケットに羽が当たるとおもしろいかなーと思って
私がラケットに向かって羽を投げる係になってみた。
バトミントンというよりは、私のストラックアウト状態。
でも一応、当たるとおもしろいらしく、何度も羽を渡しに来た。
IMG_2151_R.jpg
「もっかい投げてー。」


ま、本来の遊び方と違うし、すぐに飽きちゃったようだったので
私が「ほんとはこうやるんだよー。」と羽根つき風のことをして見せると
元バドミントン部だったいとこのお姉ちゃんの目が光り、「きぃ、基礎はできてるね。」という
思いもかけない言葉が!!
すごく軽い気持ちで羽を突いたのに、実はコーチにこちらを見られていたという驚き。

そんなこんなで遊んでいると、隣のおばちゃんから差し入れが。
ギンビスアスパラガス。
今日もこのお菓子!!流行ってんのかな。

IMG_2157_R.jpg
んまい~。


IMG_2159_R.jpg
なんか悪そうなひな。
これで、消費してしまったカロリーを取り戻しだのだった。


めずらしく3人で座ってたのでパチリ。
IMG_2154_R.jpg
何気にりょうが、ひなにタッチ。


IMG_2156_R.jpg
これは、あからさまにタッチ。
ひなのこの顔。ゆいにだったら、確実に顔をつかみ返すのに
りょうがにはしないから、小さい子ってどこかで分かってたのかも。
不思議だなー。
とても微笑ましい光景だった。


IMG_2161_R.jpg
これ、イチゴ。
実家の周りに雑草のように毎年生えるイチゴ。
以前、知り合いのイチゴ農家の方から鉢で苗をいただいて、
鉢ごと放置しておいたらいつの間にか毎年地面に生えるように。
今年も実をつけ、ひなとゆいのお腹におさまっている。







ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。









リアルわんわん 
うちの実家の隣のお宅にはそれはそれはかわいいワンコがいる。
ヨークシャテリアのイチ君。生まれたとき、一番目に生まれたから「イチ」。
とても潔い名前だと思う。
IMG_2142_R.jpg
イチはカメラを向けると、ピッと動きを止めてこちらを見てくれるから
写真が撮りやすい撮りやすい。
うちの「イチ(ひな)」と「ニ(ゆい)」とは大違いだよ。


イチは毎日近くの砂浜を散歩するので、ちょいちょいひなとゆいと顔を合わせるんだけど
小さい子供が怖いらしく、ひなとゆいの姿を見るなり一目散で自宅へ逃げ帰る。

今日は、うちの庭に抱っこで連れてこられてしまったので逃げようがなく、
不本意ながらひなとゆいと対峙することになった。


IMG_2140_R.jpg
「イチー。ほらかわいいねー。」と母がイチの手を取っている。
ほんとにかわいい。私、犬大好き。
ゆいは、じーっと見て、興味深々。

「ほら、ゆいもかわいいねーって触ってみな」とさらに近づけると
IMG_2143_R.jpg
これ、写真で見るとなでなでしてるようだけど、実はおもいっきしイチの頭を押し返してる。
イチ、災難。
イチはとても大人しいので噛まない。だから安心してこんなことできるんだけどね。


この様子をじーっと見ていたひなにもイチを触らせようとしたら
IMG_2144_R.jpg
「あ、失礼します。」速攻逃げ腰。
とりあえず、ぬいぐるみではないってことを理解してる模様。
あんなにかわいいのにどこが怖いんだろう~。


というか、イチが一番怖かったよねー。
うちの怪獣たちの相手してもらってありがとねー。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。












畑へ行こう 
じいが連日畑作りに精を出している。
うちから1キロくらい離れた場所に土地を借りて、せっせと野菜作りをしているので
私たちも付いていった。

畑で走り回って運動させれば、昼寝もぐっすりなんじゃないかという私の企み。
IMG_2128_R.jpg
着いて早々、ゆいがこけた。そして、こけたついでに土で遊びだしたので
もれなくひなも土まみれ。おぉ・・・。
「ほらほら、じいのとこに行ってみなー!」と言うと、顔を上げて、小走りで駆け寄っていった。
植えられてある野菜たちを踏みつけながら。
そしてたまねぎにつまづいて転んだところで、遠くから「ひなちゃーん!ゆいちゃーん!」と
二人を呼ぶ声が聞こえた。
声の主は、畑の近くに住む私の伯母さん。母のお姉さん。

「ほら、これ食べな。」とお菓子をくれた。
IMG_2134_R.jpg
「じい、開けておくれー」


IMG_2135_R.jpg
なぜそんなせつない顔で食べてんのか。



snap_miffio1210_20095323335.jpg
ポリポリ。
ギンビスアスパラガス。このお菓子も昔からあるよねー。
今は小分けになってるんだー、などと関心。


このまま、もらったお菓子を完食して、ろくに運動もしないまま家路に着いた。
かえって栄養補給しただけという結末。あと土まみれ。

ひなとゆいにとってはおもしろくてお菓子も食べれて楽しかったに違いないね。





最近、昼寝の寝かし付けに苦労している。
寝そうになっては、起き上がって寝ないとがんばる。
また寝そうになっては、もう一人にいたづらする。
一応眠いので、ほっとくと機嫌は悪く、起き上がることを制すれば泣く。
困るよねー。眠いとすごくからまってくるくせに寝ないってがんばられると。
しかも、一人寝たとしても、もう一人が寝ないっていうズレが多くて
結果私は一日休めないという状態。疲れるよねー。

なんとかならないものか・・・。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。
















おえかきせんせい 
いまどきのおえかきせんせいは、2色のとか、いろんな色が出るのとか
まー進化してる。すごいもんだ。

ひなとゆいもペンに興味が出てきたし、クレヨンでも買ってあげようかと思っていることを
旦那のご両親に話したら、賃貸の家の壁がきっと悲惨な事になるから、
今はまだ、おえかきせんせいで書かせたら?と買ってくださった。

ほんとは一人に一台ずつってことにしようとしたんだけど、まずは様子見で一台。
うちで買ってもらったやつは、2色のペンが付いてるタイプで、2本あればペンの取り合いは
避けられるだろうと思ったし。

ひなもゆいも喜んで遊んでいるので、今回実家にも持参した。
毎日観察していると、どうやら、ゆいの方が熱心に書いている事が判明。
IMG_2112_R.jpg


IMG_2113_R.jpg
ちゃんと消す。

ひなも書くことは書くけど、ペンを持ってるだけで満足ってことが多いみたい。
IMG_2118_R.jpg
熱心なゆいのそばで、ひなは完全にふざけてる。


ゆいは自分で書くのも好きだけど、大人に書いてもらってそれを見るのも好きなので
じいじや私の兄にもペンを持っていって「なんか書いて!」という目をする。

我が家の動物博士こと、私の父が「はいこれなぁに。」と書いてあげてた動物は
・・・キジ。
ひよこでも、ねこでもない、キジ。
「お父さん、キジでしょ?それ。ひなとゆい絶対分かんないって!」と言わざるを得ない動物だった。
私は分かったけどね。1歳児には難問だよね。

そして、また別の動物。
あー、魚だなー。とすぐ分かった。そうそう、そういうメジャーなの頼むよ。
でも、うちのお魚博士こと、私の父が書く魚はヒレが超正確。
素人が書く、八の時を横に書いたようなあんな簡略化はされていなく、
背びれ、胸びれ、腹びれ、尾びれ、すべて揃っていた。さすが。

ちなみに兄が書いてあげてたドラえもんも、なぜか斜めの角度で、
ちょっと横目でこっちをうかがっているドラえもん、だった。なぜ。

おえかきせんせいだとすぐ消せるから、意外と大人もサラサラーっといたずら書きしてしまう。
私も結構書いていて、たまに傑作ができる。
IMG_2114_R.jpg
ゆい。
母が一発で当てたから、傑作に違いない。


IMG_2121_R.jpg
ゆいの芸術への情熱が感じられる1枚。
体全体を使って描く。芸術家っぽいね。


IMG_2122_R.jpg
何を描いてるんだか、君の頭の中を覗いてみたいよ。
そのペンの持ち方、私にはとてもやりにくそうに見えるんだけど、どうなのかしら。



そうそう、今日も外遊びのときに花かんむりを作ってあげた、父が。
それをかぶるりょうが。
IMG_2126_R.jpg
「アロハ~!ハワイへようこそ~、ほえ~。」

こういう作業について、わりときっちりしてる父が作ると花がねじれません。
しろつめくさを編みこむとどうしてもねじれていくのに、父がきっちり作るとねじれません。
さらにピンクのアクセント付き。さすが。
こんなに完璧な出来なのに、当の孫達は石拾いに遊びを移行。

りょうが、かぶってくれてありがとう。









ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。