<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院仲間のSさん 
入院して一週間頃から、向かいのベッドのSさんとよく話すように。
彼女も双子ちゃんを妊娠しているため管理入院していうという。
なんでも学校の先生をしていたというが、「先生がそんなんでいいの?!」
ってくらいアバウトな人。
見た目だけ善良な先生。
話すととってもおもしろくて、大好きになった。

彼女は私より2週間早く帝王切開をして、男の子ツインズのママになった。
産むまで性別は聞かない、という旦那様の意向を尊重してるふりして、
こっそり先生に性別を聞こうとしていたが、チビちゃん達も「教えなーい」
とばかりに超音波写真にはそっぽを向いていたらしい。
「もし男の子二人だったら、やんちゃで大変なんじゃなーい??」
と毎日のように私はからかっていた。
そうすると彼女は「やめて!そんな怖い事!」と決まり文句のように
言っていたけど、結局二人とも男の子。

手術直後、旦那様がSさんに「男の子だったね」と言ったら
「だと思った。」と答えたと言う。
だと思ってたんだ!とまたしても笑わせてもらった。

旦那様のお母さんは、なぜか女の子だと決めていたらしく、
チビちゃん退院用にリボンたっぷり、フリルたっぷりの
セレモニードレスを用意していてくれていたらしい。
でも赤ちゃんは何着てもかわいいからいいよね、なんて思っていたら
Sさんは「フリルもリボンも取って着せたわよ!」と後日言っていた。
取り外し可能だったんだね。

そのSさんのすごいところは、手術の次の日、点滴を引っ張って
普通ーにスタスタと歩いていたところだ。
「※※さん!なーんにも痛くないから。手術なんでひっとつも怖くないよー」
と私に言ってきた。
「でもこの点滴がなくなったら、傷とか後陣痛とか痛みが来るのかも。」
なんて弱気なことも言っていたけど、大丈夫、
それ抗生剤だから。痛み止めじゃないから。

そのSさんちの男の子ツインズは、予想を裏切ることなく、とーっても
やんちゃに育っている。
この間、久しぶりにうちの実家で再会したときなんて、
籠の中のみかんを後ろ手でポイーンポイーンと投げていた。
それを「こらっ!やめなさい!」と言いながら見事にキャッチするSさん。
ただただ「すげー。」と関心するばかりだった。

毎日疲れるとは言っていたけど、やっぱり幸せそうで、
男だろうが女だろうがそんなの関係ないんだよね、って思った。
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miffio1210.blog67.fc2.com/tb.php/8-e590245c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。