<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旦那のクッキング 
うちの旦那は、家事・育児ととても協力的で、何でもやってくれるけど、
唯一料理ができない。

「やればできるって!」って何回も言った事があるんだけど、
「俺の作った野菜炒め食った事あんのか?!すげーぐちゃぐちゃでまずいんだぞ!!」
と憤慨するので、料理は私の専門分野となっている。


そんな旦那も、月に一回位「今日カレー作ってやっか?」と言ってくれる。
そんな日はもちろん二つ返事でお願いする。

こないだひなとゆいにお子様カレーを作ってあげたとき
旦那もカレーを食べたいと言ったので、その日の夜はカレーになった。

「俺、作ってやっか?」と言ってくれたので、例によって私はすぐにお願いした。


快調に作り出した旦那。
「俺さー、じゃがいもの皮って剥けねーんだ。」と言うので
剥いてやった。

ニンジンは乱切り、たまねぎはみじん切りしていたようだ。

そして、まず炒めようとして、何を思ったのか
「俺の好きなごま油~。」と言いながらごま油を使おうとしている。

いやいやいやいや!!
カレーにごま油は合わないから!
前もそうやって作ってくれて、カレーなのに鼻からプーンと抜けるごま油の香りに
とっても違和感を覚えたんだから!!

私は止めた。
すると旦那は「ごま油使うと、料理してるって感じがしてテンション上がんのにー。」
ととんちんかんなことを言い出したけど、断固拒否した。

無事、サラダオイルで玉ねぎを炒め始めたので一安心していると、
「なんだ?水分が足りなくて玉ねぎがあめ色になる前に焦げてきた。」と
言っている。

あめ色とか、そういう知識があるのにびっくりだよ。

「その火。強火じゃん。弱火にしないと。」と教えてあげると
「バカだなー。中華は強火が命って言うんだぞ!」だって。

カレーは中華じゃありません。
だからごま油も使いません。

弱火にしたけど、玉ねぎからそんなに早く水分は出てこない。
じっくりやんないとね。
そう思った次の瞬間。

「水分足りないので牛乳入れまーす。」

え?今なんて??

「ちょっ!牛乳なんて入れたら余計焦げる・・」「ジュー!!」
もう入れてましたー。
しかもちょびっとだから、すぐさま蒸発して玉ねぎと一緒におこげに。

「牛乳焦げるなんて知らねーもん!早く言ってよ(笑)」と旦那。
言ったそばから入れてたじゃん!
なんで牛乳なのさ!!

そんな工程を経て、なんだかあっという間に出来上がったカレー。

「よし、出来上がり~。」と言った言葉にすっかり乗せられてしまったけれど
考えてみたら、

・・・煮込んだっけ??

やけに出来るの早くね??


食べてみたら、ニンジンもじゃがいもも、見事なアルデンテ。

「あたし達にはさ、ひなとゆいと違って歯があるから大丈夫だよね。」
と言って食べた。

まぁ、上げ膳だからいっか、ということで。


IMG_0800_convert_20090222222504.jpg
これは、残ったカレーを次の日カレーうどんにして、
旦那がごちそうさました後のどんぶり。



今度は煮込む。
それを目標としましょう。

ありがとー。





ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

最後まで見てくださってありがとうございまーす。
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miffio1210.blog67.fc2.com/tb.php/74-c93bc6fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。