<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーっちだ? 
昨日の朝の、旦那とゆいの遊び。
IMG_0504_convert_20090130143147.jpg
「はい、積み木の6でーす。」


IMG_0505_convert_20090130143258.jpg
「どーっちだ?こっち?」


IMG_0506_convert_20090130143346.jpg
「はい、せいかーい。」
ぶれた顔は気にしなーい。

ゆいは、この数字積み木の6と、9がお気に入り。
一時期はいつでも両手に6と9を持って移動していた。
そんでもって大好きなくせにすぐどこかへ落としてくるので私はいつも6と9を探していた。


IMG_0508_convert_20090130143452.jpg
「♪」
多分この持ちやすそうなエッジと、ちょうど指がはまるほどの穴が
いいんだろう。



「はい、もう一回。」
IMG_0510_convert_20090130143546.jpg
「どーっちだ?ほんとにこっちでいいの?」


IMG_0512_convert_20090130143722.jpg
旦那「はずれー。」
ゆい「じゃーこっち。」

この、こっちの手にはなかったから、反対の手にあるはずだって
いつから気づくようになったんだろう。
私の知らないとこで頭脳が発達しているらしい。


IMG_0513_convert_20090130143915.jpg
「はい、せいかーい。」

二人でこんな事を繰り返していた。
なんて平和な日々。


ひなはというと
IMG_0515_convert_20090130144010.jpg
おとなしーく掃除機の研究をしていた。
私には分からない掃除機の魅力を発見したようで満面の笑み。

かといって、突然電源を入れると慌てて逃げていくんだけど。




でもまぁ、なんか平和な時間たっだ。





話は変わって今日、二人を連れて小児科へ行ってきた。

ゆいとひなは数日前から鼻水とせきが出ていて
病院行くほどではないけど、かわいそうな状態だったので
私の勝手な判断で症状のひどいゆいだけ市販薬を飲ませていた。

すると、昨日のお風呂上がりにゆいのお腹に赤い湿疹が。
裏返してみると背中にも。

お風呂あがりでほてってるにしてははっきりしたプツプツだなと思いつつ、
機嫌もいいし、痒がる様子もないし、熱もないし、ということで朝まで様子を見ることに。

朝になるとすこーし残っているものの、ほどんど消えたプツプツ。
なんだったんだろー、でも消えてよかったね、なんて旦那と言っていて
彼は出勤。

朝ごはんを食べさせたあとまた薬を飲ませて、少し経ったところで、
オムツを替えようとゆいのおなかを出してみると、またプツプツ。
昨夜より多い。

これは異常なんじゃないかとすぐ病院へ行った。


初めて二人を連れて私一人で病院へ連れて行ったら、
思いのほか大変な事態に。

いつもの男性的な女の先生に、二人は今日も絶好調で人見知りしたもんだから
大騒ぎ。
看護師さんが「ほんとに二人だけ?!もっとたくさんの人で泣いてるみたい!」と
笑われ、平謝りの私。
私以外にはすがりたくないらしく、もうどうにもならない大合唱。
途中あんまり泣くから、私もおかしくなっちゃって、先生と看護師さんと私で爆笑してしまった。

二人の号泣の声と、三人の大人の笑い声で診察室は一気ににぎやかになった。


で、診断は「はっきりよく分からない。」
えぇーーーっ!先生、頼むよーー!

「お腹の調子は?」「いいです。」
「食欲は?」「あります。」←この質問にいまだかつて「ないです。」と答えた事なし。
「痒がる?」「いいえ。」
この感じだと、特別な病気っぽくはないらしい。
でも現に存在するプツプツ。

要観察ってことで診療終わり。
うーん。なんなんだろう、これは。お腹と背中のみ湿疹。
先生に市販薬の成分を見てもらったけど、その成分で出たアレルギーとは
考えにくいって。

気になるところである。


薬をもらいに病院近くの調剤薬局へ移動し、待っている間も
午前中の睡眠を取らせてもらえなかったひなとゆいは、機嫌が悪くて大泣き。
私は、狭い室内で非常に肩身のせまい思いをしながら会計を済ませていると
後ろから耳の遠そうなおじいちゃんの声。

「俺の薬ー、まだがー?」と大声で受付に話している。
そしておじいちゃんが、うちの二人に気づき、覗きこんだ。
ひなとゆいはもっともっと大号泣!!
「すいませんっ!すいませんっ!」と逃げるように出口に向かった私の耳に
ちょっと離れたところから
「はぁー、ほにー(本当に)元気なこどもだぁー!!」とおじいちゃんの大声。
決して怒ってるわけではなく、いやみじゃなく、とっても関心してるような言い方。
声が大きいのは耳が遠いからだろうね。

ひなとゆいが大泣きしている間、薬局の中は笑いにつつまれていた。
多分、双子が大泣きしてるよーっていう様子と、
私に対する憐れみだろう。

で、極め付けにおじいちゃんの大声。
みんなまたウケていた。


あー、岩手ってあったかいなぁと思った。









ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
最後まで見てくださってありがとうございまーす。

スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miffio1210.blog67.fc2.com/tb.php/53-7d875f74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。