<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪に触れる 
ベランダの雪
ここ、岩手の内陸は、ここ最近毎日と言っていいほど雪が降っている。
その量は、日によって多かったり、少なかったりするけど、ほんとに皆勤賞な雪。

今日の朝は、とても冷え込んだため、雪もさらさらとして結晶がきらきら見えるほど。



ベランダにうっすら積もった雪で
雪だるま
雪だるま。
すごいいびつ。顔なし。
雪がパウダーだったため、まとまりづらかった。だからいびつ。
嘘じゃない。私、美術5だったし。



ひなとゆいは、一昨年の12月うまれ。
人生で2回目の冬だけど、生まれてから春まで滅多に外に出さなかったから
雪なんてしらない。


そこで、雪だるまを触らせてあげた。
ひなゆい雪に触る
「なんだろー、これー。」


とても不思議そうな顔。
だよね。
なんか変だよね、それ。いつものおもちゃにはない感覚。

ゆい雪に触る
「んー。」


ゆい雪を食べる
「食べちゃえ。」


おーとっとっと!
いくらここは田舎とはいえ、国道沿いの雪には車の排気ガスの汚れとか
なによりうちのベランダの汚れがついてんのよ、ゆい。


ひな雪を返す
「ママ、これ返すわ。」

え?ひなはいらないの?
触ってたら、パウダー出身の雪がホロホロとくだけてくるし、冷てーやってことで
ひなは返してきた。


どちらかというと、ひなは慎重派。
こんななんだかわからんものをいつまでも触っていない。
でも、後ろのゆい。
食べんなって。




ゆいはほっとけばどんどん食べそうだった。
でも、絶対清潔なものではないから没収。

ひなの方は、くだけた雪がフローリングの床で水たまりになってた。


とにかくこのままだとろくなことにならないなってことで、二つの雪だまを
窓からポーイと投げ捨てた私。



雪を取られて暴れるゆい
「ひどい!おいしかったのにーーー!」
と泣くゆいと、
「あんなもん、得体が知れないんだからいいじゃん。」
とゆいをなぐさめるひな。



来年の冬は、ジャンプスーツ着てみんなで雪合戦しようね。







ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
最後まで見てくださってありがとうございまーす。


スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miffio1210.blog67.fc2.com/tb.php/38-db85d918

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。