<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お手伝いをしたい 
IMGP1648_R.jpg
ん~、どうやって畳むんだこれ。
ひなが試行錯誤している。
最近は「お手伝い」がブームらしく、洗濯物を畳むのを手伝ってくれたり(丸めるだけ)、
食器を片付けるのを手伝ってくれたり(食器を運ぶ途中転ぶことあり)、
とにかく大人と同じことがしたい。

IMGP1645_R.jpg
あ、アンパンマン貼ってもらったんだった。


IMGP1646_R.jpg
一瞬のすきにゆいがひなの手をがぶり。
私が近くにいて、二人の様子を見ていたのに目にも止まらぬスピードで噛んだゆい。
ひなの手は皮が剥け、血がにじんだ。そりゃ泣くよね~。
「じゃあさ、アンパンマン貼ってあげるから!」と言って貼ってあげたら泣き止んだけど、
ゆいはいかにもバツの悪そうな顔をしていて、私に「噛んだら痛いんだよ!ごめんなさいは?」
と叱られると泣いた。「ゆいが泣く事じゃないでしょう!ひなの手見てみな!血出て痛いんだよ!」
とさらに追い討ちをかけると、じいさんのとこへ逃げてった。
まったく凶暴なんだから。
少ししてから「ごーめんね~」と言いながらおもちゃをひなに渡していたのはお詫びのつもりなのかしら。

ま、とにかくお手伝いがしたいっていう二人。
何かした後に、「ありがとうね!おりこうさんだね!」とか「すごーい!上手に出来たね!」と
言われるのがたまらなくうれしいという顔をする。
「お洗濯たたむの手伝ってくれてありがとうね。」って言われたときのひな。
IMGP1649_R.jpg
ほらね、うれしい顔。


今日は掃除を手伝ってくれた。
IMGP1652_R.jpg
この後、独占したいお年頃の二人がケンカしたことは言うまでもあるまい。
でも「あ、でっこぼっこフレーンズ♪」と私が歌ったら
IMGP1650_R.jpg
二人して掃除機投げた。

ひなとゆいのお手伝いは結構お手伝いにならないことが多いけど、その気持ちは有難く受け取っておくよ。今日、コーヒーメーカーからコップに注ごうとしてテーブル中コーヒーの海にしたことも、きっと「ひな、ありがとう!」って言われたかったからだよね。
じいにチラシ紙丸めてポコーン!と面入れられてたけど、うまくいけば褒めてもらえると思ったんだから許してもらおう。


そういえば、毎日イヤイヤとかなんだかんだでイライラしたりすることも多くて、
今日遊びに来てくれた私の友達に愚痴を聞いてもらってたんだけど、どういう場面でイライラするかっていうのを彼女に具体的に説明しようとして、全然浮かんでこなかった。
あれ?あれれ??
一瞬一瞬は爆発寸前になってるはずなのに、冷静に思い返そうとするとどんな場面なんだろう、
あれか?いや、そんなのたいしたことないし、といった具合。
結局は私が育児でイラついている出来事なんてたいしたことないんだな、って結論だ。
だったら、その場その場でも軽やかにやっていこうじゃないかと思えた。

自分のことを冷静に人に話すことって、結構大切。
狭い視野で過ごして、行き詰まってる自分を遠くから見れるから。
友達が帰った後見たひなとゆいの顔は、私に出来た余裕の分、いつもよりちょっとだけかわいく見えた。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす


スポンサーサイト
 
さと。 #-
 
“褒めてもらいたい”と思っている気持ち、私も良く分かります。
大人が見ると“いたずら”でも、子ども達にとっては多分、
違うんですよね。その気持ちをしっかり受け止めてあげると
とっても嬉しそうな顔をしますものね。ひなちゃんの笑顔が
それを物語っています。
私もイライラに真っ向から立ち向かうのではなく、娘の気持ちを
少しでも酌んであげようと思いました。でも夫が娘のイライラに
ついて行けず『なんで?なんで?』と思うみたいです(^◇^;)
きぃさんの旦那様はいかがですか?
むむ #-
 
お手伝いブーム、我が家も来てますよ~!
自分でやりたいブームと同時進行なので、洗濯物を畳んでいるとかたや丸める人、かたや靴下を履き始める人、と中々片付きません^^;
家事は進まないけれど、「お手伝いありがとう!」「自分で履けたの?すごいね!」と声を掛けた時の嬉しそうな顔を見ると、たまった家事の事なんてどうでもいいや!って思えます。
いずれは何でも一人で出来るようになるのだし、こんなに必要とされるのも、今 この時 我が子だから なのだし、のんびり付き合って行こうかな、と思っています。
もちろん、時にはヤキヤキ!にもイライラ!にもイヤイヤ!にも巻き込まれながら…。
*****
ゆいちゃん、「ごめんね」が言えるんですね!
もちろん、噛むのはいけないことだけれど、言葉がまだ思うように出ない時期は、つい他の行為で伝えようとしてしまうもので、(もちろん性格もありますが)謝ることって難しいんじゃないかなぁって思います。うちの場合、たいていユイがサエの持っているもの・やっている事を奪って泣かす事が多いのですが、どんなに話してもゴニョゴニョと自分の言い分を言うかのように話すだけで謝ったりは決してしません!あ、でも待って。私も旦那と喧嘩する時は自分からは謝らないゾ。やはり性格なのかしら~?
きぃ #-
さと。さんへ♪ 
うちの旦那は典型的なO型なので、子供たちの事に関しては非常~に大らかです。
「ま、まだ小さいし、しょうがないかー」って感じです。
反抗する姿も「これが自我の芽生えだな」とか言って気にしてません。羨ましいです。
私は日に日にケンカ腰になりつつありますねぇ。
頭では分かっているんですけど、感情が出てしまうんですよ~。
でも褒めるとこんなにうれしそうな顔をするので褒めて伸ばしたいなぁとは思うんですがねぇ。
きぃ #-
むむさんへ♪ 
お手伝いブーム!!ほんとにねー、ありがたい時とそうでもない時とありますが
やる気マンマンで働く様はかわいらしいなと思いますよねー。
家事が進まなくても多めに見るむむさんは優しいママさんですね!
私はなかなかそういう場面が少なくて(-_-;)
「コレ!靴下履くんじゃないよ。」とか取り上げてしまうタイプ。ダメだな~。
ゆいもひなも「ごめんね」という言葉は言えるんですが、どうでもいい場面で唐突に言ったりするので
意味は全く分かってないんだと思います・・・。今回はたまたまタイミングよく言ったんでしょうね。
むむさん同様、私に似たら謝らない子になるかしら(ーー;)

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miffio1210.blog67.fc2.com/tb.php/259-3695e743

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。