<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちいさな恋の物語 
昨日の公園での話。

私達が行った時、公園には誰もいなくて「ラッキー♪」なんて
言いながら三人でゆるゆると遊んでいた。
IMG_1377_convert_20090409210121.jpg
「象さんこんにちは」

IMG_1378_convert_20090409210230.jpg
「コアラに乗るなんて初めて~」
なぜ乗り物にコアラなんだろう、と私は疑問で仕方なかったけど、
ひなに言ったって知らないだろうから黙ってた。


IMG_1382_convert_20090409210329.jpg
ブランコを見上げるゆい。


IMG_1384_convert_20090409210416.jpg
こちらも然り。上に何がある??


IMG_1385_convert_20090409210508.jpg
こうやって見ると、やっぱりチビだね、君たち。


IMG_1386_convert_20090409210611.jpg
「ママー、これおもしろそう!ちょっときて!」


IMG_1388_convert_20090409210702.jpg
はいはーい、とひなが行って、あっという間に乗っ取った。


少しすると、小学2,3年生くらいの男の子がやってきて、
ひなとゆいが陣取ってた滑り台に登ってきた。

「あ、お兄ちゃん遊ぶから、ひなとゆい邪魔になんないようにあっち移動しよう。」
と二人を滑り台から離し、ブランコへ。

すると、その子、すかさずブランコに移動してグングンこぎ出す。
「あー、お兄ちゃん使うみたいだからゴッチンコしないようにコアラさんとこ行こう。」
と最初のコアラに連れ出すと、また先回りして取られちゃった。

いや~困ったな、帰るかなと思ってたら、ゆいが果敢にもコアラに乗ってるその子に近づいて
超至近距離から無言の抗議。
ジーーーーーーッ。

するとお兄ちゃん、「乗る?いいよ!」とゆいにコアラを譲ってくれた。
「ありがとねー、お兄ちゃん優しいねぇ!」と私がお礼を言ってる間も
ゆいは、ただただお兄ちゃんを見つめてた。

そしたらお兄ちゃんはニコッと笑って滑り台へと去っていったんだけど、
今度はゆいがトコトコと追いかけて、滑り台のふもとでお兄ちゃんを待ち構え。

私とひなはそれに付いて行って、「ごめんね!お兄ちゃんのこと追っかけちゃって。」と
言うと、「ボクのコト追いかけてるの?」とお兄ちゃん。
「そうなの、お家にお兄ちゃんっていないから嬉しいのかなー。」と言いながら
ゆいを離そうとすると、「ボク、弟と妹いる。」と教えてくれて
とてもゆーっくり滑り台から滑ってきてくれた。

感心したのが、滑る前に自分の靴底に付いてた砂をちゃんと払ってから
滑ってきてくれたこと。
下でゆいが座ってるから、砂が落ちていかないようにっていう配慮。

ほんとに優しいお兄ちゃんなんだなって思った。
その辺りから男の子が二人公園に来て、キャッチボールを始めたんだけど、
それを見て、「ボール、ぶつからないようにね。」とひなとゆいに言ってたのもかわいかった。

滑り降りてきたお兄ちゃんをゆいは満面の笑みで迎えて
「ばぁ!」とやってもらってさらに声を上げて笑った。

そこから、しばらくお兄ちゃんと滑り台で楽しんで、
次は追いかけっこ。
お兄ちゃんが「待て待てー!」と言うと、ゆいはテケテケと走り出す。
ひなも走り出す。
その両方を上手に追いかけて、おうちでいかに弟と妹の遊び相手をしてるか
よーく分かった。私は、「あはは!」と笑いながら見てただけ。楽しちゃった。

もうゆいはお兄ちゃん大好きになったみたいで、すぐ後を追いかけてく状態。
「こりゃ恋だね。」とひなと私は静かに見守っていた。

たまにお兄ちゃんは私達のとこに来て、いろいろ話す。
「てんとう虫は、死んでる振りしてるけど、ほんとは死んでなくて
臭い液出すんだよ。あと、田んぼにはやごとか、ザリガニとかいて
どじょうとザリガニは家で飼ったの。食べてる。」
ん?食べてる?ザリガニを??と思ったらうちのひなが石食べてた。

流れるような喋りの中にさりげなく入れてくるから、分からなかったよ。

しばらくして、また滑り台で遊んでくれて、何回も「ばぁ!」してもらったら
ゆいがふら~っと滑り台から離れていった。
飽きたのね。愛しの彼にも、滑り台にも。

そこからお兄ちゃんが「影ふみしよう!」と提案してきて、私も入り
4人で影ふみ。っていうか、私とお兄ちゃんでひなとゆいの影踏みまくり。
「ひなとゆいの影なんて簡単に踏めるよねー、踏め踏めー!」と言っていたのは私。
誰が一番子供だったのでしょうか。

そして、ゆいは疲れたのかどっしり座り込み、もう彼の後を追いかけることはしなかった。
と、同時にお兄ちゃんのお友達が公園に来て、お兄ちゃんもそちらに合流したので
ゆいの恋はあっけなく完っ全に終わった。

ひなは後半、ずっと下向いて石で遊んでた。

飽きっぽい女と、もくもくと石で遊ぶ女。
どちらが将来心配じゃないか、今度旦那と話し合ってみよう。


IMG_1371_convert_20090408153131.jpg
仲良さげだけど、ほんとはひながすっごい嫌がってる図。
ゆい、重いんだって。




ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

最後まで見てくださってありがとうございまーす。




スポンサーサイト
 
まっちん #-
 
お兄ちゃんはいくつくらいなのかな???
とっても、おりこうさんだねぇ♪
家も、そんな風に育って欲しいわぁ♪
ゆいちゃんの恋は本当に終わったのかな?
又会えるといいねぇ°゜°。。ヾ( ~▽~)ツ
きぃ #-
まっちんさんへ♪ 
多分7,8歳位のような気がしますねー。
ほんとに優しい子でした。一緒に遊びたくて最初は邪魔っぽい事
してましたけど、ゆいの積極的なアプローチで無事仲良くなれました!

でも、やっぱりゆいはすぐ飽きるので恋多き女になりそうです 笑
ひなは・・・ね、根暗。

あんな優しい子に育てられたらいいですよね(^^♪

秘密にする

 
トラックバックURL
http://miffio1210.blog67.fc2.com/tb.php/109-63f47365

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。