<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトミックに行って見えたこと 
昨日、リトミックの体験講習に行ってきました。
ひなとゆいには「今日は先生のところにいって踊るよ」と伝えていて、
それを聞いた二人は「おどりおどる~~」と大喜び。

前に幼稚園の話を二人にしたときも、「先生とお歌歌ったりー、踊り踊ったり、おいも焼いたりするよ」と超適当な事を言ってたんだけど、その時「あ、幼稚園はね、ママ行かないから。先生と、お友達と、ひなとゆいで遊ぶよ」と教えており、ゆいが「ままも~~」と泣いたことがあった。
その記憶からか、今回もひとしりき喜んだ後「おかあしゃんも、いく?」と不安そうに聞いてきた。
「行くよ。幼稚園じゃないからね。」と答えると「おかあしゃんもおどる~」とさらにテンションを上げていた。


ひなとゆいはいつも一緒。
二人はいつも同じような事をしている。
私が観察するに、ひなの真似をゆいがしてることが多い。その逆ももちろんあるけれど。
どっちにしろ二人は行動をともにすると予想して、いざ出発。


内容は、最初に先生がピアノで歌を歌いながら一人ずつ名前を呼んでいってお返事。
そのあとリズム体操や簡単な工作、そしてパズルなど。

自慢じゃないけど、今まで名前を呼んで「はーい」なんて返事した事ないです、うちの二人。
だからできっこないと思ってたんです。
先に呼ばれたお友達は前から通っている子達で、お名前を呼ばれたら大きな声で「はーい!!」
すごい・・・。これが同じ歳なのか・・・。と圧倒される私。

ひなとゆいの様子はというと、先生のピアノのリズムに合わせて手を叩きつつ、
自分の番が近づいてくるという雰囲気を察してからは明らかに緊張した顔。
目をキョロキョロして、手拍子も止まり気味。

ドキドキドキドキ。

そんな様子が見て取れた。
子ども達のこんな表情、初めて見た。

そしてついにひなの番が!!

先生が「ひなせちゃーん!」と呼ぶと、とってもか細い声ではあったけど「はーい(照)」「はーい(照)」
できたー!そして間違ってゆいも返事しちゃったー。
周りのママさんたちに「あら~(笑)」なんて微笑まれたくらいにして。

ひなの次はゆい。
「ゆいちゃーん!」「はーい(大照れ)」
ゆいもウィスパーボイスながらちゃんとお返事できました。

返事の後は照れたような嬉しいような笑いを浮かべていたひなとゆい。
きっと私も同じ顔してたと思う。

できるもんなんだなぁ。


その後のリズム体操もノリッノリ♪

へー二人して組んでやらないかと思ってたよ。
隅っこのほうの私の陰で二人遊びするだろうという私の予想を大きく裏切り、私の手を離して鈴持って踊ってました。
もう一つ予想と違ったのは、二人が個別行動していたってこと。
ゆいはお友達とか先生と一緒に行動していて、ひなは私の側をウロウロしながら、踊っていた。

ゆいは先生の言う事を全て聞いて、模範的な感じだったなぁ。意外~。
ひなは工作のハサミをもらった瞬間から、完全に自分の世界に入ってしまって、
黙々と画用紙の端っこを切り刻んでた。
当然、工作は未完のままでしたけど。

一通り講習が終わって帰ろうとすると、急にひなとゆいに睡魔が襲ったようでして。だって始まった時間がすでに昼寝の時間なんだもの。とにかく帰り際から大泣き!!

先生にかろうじてバイバイと手を振ったけど、泣きじゃくっていたので「さようなら」は言えなかった。
車まで少し歩かなければいけない場所だったので二人と手をつなぎ歩こうとすると
「だっこ~!!」のダブル。
「ムリムリ!!二人はムリよ!」と言ったってねぇ。伝わらず、しょうがないので引きずって帰りました。
あ、これ大げさな表現じゃないですよ。実際に引きずってましたからね。
すれ違う人の私を哀れむ目がとても印象的でした。
そしてひなのズボンのヒザが少し擦り切れてました。



最後はしょうがないとして、今回はひなとゆいの新しい顔が見えたというか。
毎日同じような生活をしていて、社交性とか協調性とかそういう面は全然成長してなくて、
私がいなければもじもじ何もできないって思ってたひなとゆいが、
実は親が思っているよりもずっとしっかり成長していたんだなって。

本人達は毎日確実に一歩一歩前進していたんだろうけど、それを実感していなかった私は急に飛び級された気分。うれしいような、ちょっと寂しいような。いや、うれしいが大きいな、やっぱり。
ふっと二人が「行ってきまーす!」といって幼稚園や学校に通う姿が目に浮かびました。
実に頼もしい姿です。


今回は本当に多くの刺激を受けた講習になりました。
これから本格的に通うかは検討中です。
幼稚園のプレクラスもたくさんあるようだし、そっちに重点を置こうかどうしようか。
どっちにしても楽しみなことに違いはないですね!




最近のテレビスタイル。
IMGP5490_R.jpg
ブロックの箱を縦に置いて密着観賞。見てるだけで暑いけど、当然本人達もベタベタです。


IMGP5493_R.jpg
この距離は一触即発。
いつケンカになるのか、実にスリリングな距離感。
こうやってテレビを観てるときは大体私はキッチンにいて作業中です。


IMGP5496_R.jpg
真剣なゆい。
何かしら料理番組を観るのが好き。
最近のお気に入りは、料理番組とワクワクさんとマインちゃん。
「にほんごであそぼ」は二人にとって怖いコーナーがあるみたいで、始まるやいなや「まささんにして!!まささん!!(岩手ローカル番組の司会者の名前です)」と焦りまくります。



あと、こないだ一緒にテレビを見ていたらひなが
「これかっこいー!」と目を輝かせながら言うので
「お。これは山P(山下智久)だね。」と教えると「やまぴー?」と復唱しつつテレビをガン見。

そして一言。
「やまぴー、ありかも。」

お前はどの立場からそんなこと言うんだい?!
とんだ2歳児だよ!!







ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。










スポンサーサイト
曇っているうちに公園だー!! 
と思ってうちを出たら、普通に日が出ました。
毎日言うのもなんだけどあっついですねー。

一瞬どうしようかと考えたものの、公園に着くとひなとゆいのテンションがガチコン上がってしまったので、少しだけ公園で遊びました。


ブログを通じてお知り合いになった方に教えてもらった公園。広々としていて、ひなとゆいも走る走る!


IMGP5497_R.jpg
登る。
いつの間にかこんなのも登れるようになっていた。


IMGP5500_R.jpg
ちょっと届かない!
何だかこっちまで力が入りました。うう~~~っ、がんばれ!!


IMGP5503_R.jpg
プレッツェルに載る。
この掴むとこ、「おかあしゃん、これなーに?」と聞くので
「何だと思う?」と聞き返すと「うさぎしゃんかなぁ。」と。
私はそれに対して「そうかもね。」と言いつつ、心の中では(いや違うね。これは昔ブッシュ元大統領がのどに詰まらせたタイプのプレッツェルだね)と思っていた。
旦那がいれば通じたんだけどなぁ。逆に旦那か兄くらいにしか通じないこの思い。


IMGP5507_R.jpg
ゆいが乗って、ひなが回す。
これ回るんですね。ひなは一生懸命回していて、ゆいが立とうもんなら「しゅわって(座って)!あぶないだから!」と注意してた。
もちろんゆいも回したくて「はい、ひながのって!」と交換して、2周くらい回したら「おわって」とひなに言われて終わったという。


5分おきに日陰に入り、お茶を飲ませ、帰ろう帰ろうと誘う私。
IMGP5513_R.jpg
帰りたくない人。
写真じゃもちろん伝わりませんが、えらいこと文句言ってます。
「おかあしゃん、くるまいかないで!!キーーーー!!!」と。オール無視しときました。


IMGP5511_R.jpg
あんまり私がお茶お茶言っていたら、ついにくわえて遊ぶという技を身につけたゆい。


IMGP5515_R.jpg
登った先で「いまちょっとねー(これ口癖)あのねー、すべり台が~(どーのこーの)」
と私を説得中。
つまりもっと遊びたいってこと。


IMGP5510_R.jpg
「わぁ~お花~!きれー!あかとーしろとー」
二人は花とか、キラキラしているものとか、フリフリしているものにとても反応します。
そして大げさなくらい口に出して感動します。これは見ていてかわいいです。女の子~って感じ。


二人の顔が火照りだしたので、「あ!おうちに帰ってー、プールでヤクルト飲まなきゃ!」と言うと
あっさり車に乗ってくれました。ちょろいぜ!


久しぶりの公園遊び。さぞ楽しかったでしょう。
ひたすら走り回っていたのを見て、こんなにエネルギーが有り余っているんだなぁと思いました。
最近は走りまわるという場所に連れて行ってないから、つまんないのかも。

でも仕方ない。あっついんだもの。


家に帰ってきてすぐ、「服脱げー!プールだー!」とプールに入れました。
水は汲んでいったのでね。
プールで約束どおりのヤクルトを飲み、一口ゼリーを食べ、ニコニコ。



明日はリトミックのお試し体験に行ってきます。
でも時間的に昼寝の時間ど真ん中。どうなることやら~。








ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。
夕方から夜の撮影の強い味方 
今日の記事は、双子育児まるで無視です~。すみません~。



私は普段デジタル一眼レフを使って撮影しています。
コンパクトデジカメから移行したときの感動ったらなかったです。後ろがぼやけててきれい。

でも、夕方から夜にかけて撮ろうとすると、ぶれてぶれてどうしようもない。
特に実家に帰ったときなんかは、私の両親が仕事をしているため、ひなとゆいと触れ合うのは大体が夜。
撮りたいなーと思っても、ぶれまくること必至で、最近では撮る事すらしなくなった。

それを解消するには明るいレンズを買うか、フラッシュをたくか。
ちょうどこないだ誕生日だったのでレンズを買ってもらおうといろいろ物色してました。

私だけではとても知識不足なのは当然。
そこで、昔フィルム時代にカメラに凝っていた父にアドバイスを請うと
「あんたが思ってるような写りにするためには、相当明るいレンズじゃないとダメだー。ということは、相当高いやつな。コンクールにでも出すのか?」と言われました。
「いやいや、出さない出さない。チビ撮るだけ。」というと
「だったらフラッシュ焚きなさい。中途半端なレンズ買うくらいならいっそストロボ買ったほうがいいど。」ということ。

そりゃごもっとも。
でもね、私、ストロボでガンガンに光ってる写真があんまり好みじゃないんです。
これを旦那に言うと「な~にを素人のくせに。」と鼻で笑われるんだけど、だってそうなんだもの。

「フラッシュ嫌いなんだよね、光り過ぎてさ。」と父に言うと「角度調節できる外付けのストロボを買って、被写体に直接光をぶつけるんじゃなくて、光を天井とか壁にぶつけて反射させるという方法、いわゆるバウンド撮影をすればいい」と。

ほうほう。
確かに内臓ストロボは角度が調節できないからそんな技できんわな。


今度はストロボをいろいろ物色。
そしてシグマのやつに目星を付け、お店に実物を見に行きました。

結論。でっかい。

ストロボにカメラがおまけで付いてるみたい。どっちがメインだよ、っていう風貌。
「ちょっと、考えてみます・・・」と言って店を後にしました。


そこからまた夜な夜なレンズとストロボを調べていると、思いがけず意外な技を発見。
ためしにやってみました。




IMGP5453_R.jpg
まず、これがいつもの撮り方。
ストロボを焚かずに撮ると、もう誰だか分からないくらいのブレ度。
これを解消するためにシャッタースピードを上げると、まぁ暗いくら~い写真になる。
私の持ってるレンズは、キッドレンズなのでね。


IMGP5457_R.jpg
じゃあストロボを。
ほらビカビカに光る。


IMGP5470_R.jpg
こんな風にね。
でもぶれないのは確か。


で、裏技を試すと
IMGP5469_R.jpg
走るゆい。


IMGP5466_R.jpg
手を振るゆい。
手がぶれてません。


IMGP5477_R.jpg
ジャンプする二人。


結構ちゃんと撮れました。
そして雰囲気もいい感じ。


これ、部材費ほぼタダです。
うちにあるものを使って内臓ストロボに細工したんです。

材料は、厚紙、アルミホイル、輪ゴム。あれば針金も3cm位あるといいです。これだけ。

方法は、
まず
IMGP5437_R.jpg
厚紙をこんな感じに切ります。


そして
IMGP5438_R.jpg
細いとことへらのとこの境に針金を貼ります。(なくてもOK)
あ、工作が雑だとかいう思いは心の中にしまっておいて下さい。


さらに
IMGP5443_R.jpg
へらの部分にアルミホイルを貼ります。
これで完成。


このへら風なものを
P1000020_R.jpg
こんな風にカメラのストロボのとこに輪ゴムで引っ掛けて使います。


P1000021_R.jpg
こう。


あとはいつも通り、撮影。
ストロボは焚きます。
そうすると、カメラのストロボ光がアルミに反射して、天井に向かい、天井全体がレフ板の役割をするという仕組み。被写体には直接光が当らない為、自然な風合いを保つ、のだそう。


IMGP5484_R.jpg
蛍光灯を付けていないところでもこんなに明るく、ぶれない写真が撮れました。


ただ
IMGP5463_R.jpg
アルミへらの角度によってはこんな風にへんなとこに反射してしまうので、
私は針金を付けて角度調節できるようにしました。


この方法は、天井があまり高くなく、そして白いのがいいみたいです。
色の付いた天井だとその色が写真に写りこむそうで。
あと、当然天井のない外では無意味だそうです。


もしかして今後、明るいレンズが欲しくなるかもしれないし、ストロボも欲しくなるかもしれないけど、当面この方法でやり過ごせそうです。
もし夕方からの撮影で苦労している方がいらっしゃったら是非一度試してみてください!
(コンデジでも貼り方によってはできると思います。)





ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。








川遊びwithアブ 
今日も暑いので午前中に川遊びをしてきた。

こないだ行ったのと同じところだけど、今回はちょっと滝のあるところ。
私達が行ったら数人川で遊んでた。


IMGP5362_R.jpg
駐車場からちょっと歩く。
ひなが旦那のサングラスかけてます。


IMGP5365_R.jpg
今日の場所はこんなところ。
全体に流れは速いものの、そんなに深くないので子どもが遊ぶにはいい。
といっても川の水はとっても冷たいので、ひなとゆいにはまだジャボン!は早いかな。


IMGP5367_R.jpg
日差しをさえぎる木があって、川の水が冷たいからかここはとても涼しい!
木陰っていうのは少しもれる光がきれいですねぇ。


IMGP5372_R.jpg
旦那とひなが遠くのほうで観察していたのはおたまじゃくし。
すごくたくさんいた。
先にここで遊んでいた家族の方が大きめのカエルを捕まえていて、小学生位の男の子が網ごと見せてくれようとしたんだけど、「ギャー!!そこから動かなくていいよ!!」と拒否してしまった。
ヘビ、カエルはムリなのよ。手のひらくらいあったカエル。


IMGP5371_R.jpg
ゆいは葉っぱを拾ったって。
「おおきい葉っぱとー、赤ちゃんの葉っぱ」


IMGP5377_R.jpg
脱ぎたいらしい。



そして脱ぐ。
(画像があったんですが、セクシーなので自粛)



で、座る。
何回も言いますが、川の水はとても冷たい。
(こっちも自粛)

ゆい「あー、つめたくてきもちいいー。ゆいベタベタだからー。」
という二人の唇はほどなくしてムラサキに。そりゃそーだわ。
でもほんとに気持ちよかった。
(ゆいも自粛~)


ムラサキになったところで今日は引き上げる事に。
車まで2、3分歩いて、濡れた服を脱ぎ、着替えようとするとアブアブアブ!!!
ブンブン飛び回っていて怖いやらイラつくやら。
いちいちギャーギャー騒いでいると、旦那が「どうせ刺されてもジリっとするだけだー。騒ぐなー。」と言う。
そのジリっとが嫌なんだよ。
ましてやひなとゆいが刺されたらと思うともっとやだし。
川ってアブがつきものらしい。
でも遊んでいた滝らへんにはそんなにいなかったのになー。


アブさえいなければもっと楽しい川遊び。
そして、水着買ってあげようかしら。





ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。




ハチマキ巻いておんぶして 
別にどこもお祭りじゃなかった日。
うちだけお祭りだった。


IMGP4970_R.jpg
自分たち用のタンスから「これつけるー」と持ってきたのは
まめしぼりのリュックと紅白のはちまき。
リュックは1歳の時の一升もち用に私の母が作ってくれたもの。
ハチマキは同じく一升もちの時用に旦那のご両親が作ってくれたもの。
どちらもひなとゆいの為に手づくりしてくれたものなので、大事に取っておいた。


IMGP4969_R.jpg
リュックの中にはアンパンマン。
「おんぶしてんの」だそうです。


IMGP4967_R.jpg
こっちも。


私としては、タンスも自由自在に開けられるようになってこりゃやっかいだな、という感想。
そしてどこもお祭りじゃないのになぜうちだけこんなにお祭りムードなのかという疑問。

子供がいると予期せぬことばかりで、おもしろいやら、疲れるやら。

まぁね、町内会のお祭りはまだだけど、騒がしさで言ったらうちは毎日お祭りみないなもんだ。
子どもが騒ぎ、親が騒ぎ。



IMGP4968_R.jpg
カメラを向ければそんなに楽しそうな顔はしないっていうね。




梅雨明けしたみたいですね。
それはいいとして、こう毎日暑いとどこでどうやって遊ばせていいのやら。
外に出ると数分で汗が噴出します。
というか、クーラー付けてる部屋の中でもひなとゆいがバタバタ走り回っているので汗だく。
一日に2,3回のシャワーが当たり前になってます。

昨日は午前中少しだけ外で遊ばせて、家に入ったらそのままベランダのプールにどぼん。
気持ちよかったのか全然あがろうとしませんでした。

毎日の洗濯に、プール、シャワー、それから二人のトイレも関係してんのか水道代が跳ね上がっている我が家です。クーラーも全開だし、全然エコじゃない。
時代に逆行しております~。



あー明日は旦那が休みだ~。
何して遊ぼうかなぁ。川かなぁ~。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。















ブルーベリー狩り 
今日はブルーベリー狩りに行ってきました。
昨日からひなとゆいには「明日さ、パパ休みだからブルーベリー食べに行こうよ」と話していて、
「おかあしゃんが皮むく?」と聞いてきたので「皮ごと食べんのさー」と教えといた。

最近教えてないのにも関わらず、私のことを「おかあしゃん」旦那のことを「おとうしゃん」と呼ぶことが増えた。私が両親のことを「お父さん、お母さん」って呼ぶからその真似かと。
旦那は「おとうしゃん」の「しゃん」がたまらなくかわいいらしく、ニヤニヤしている。


車でブーンとブルーベリー農園へ。
IMGP5254_R.jpg
ここに写ってるのがブルーベリーの木。
ほんとはこの倍位あったけど写しきれなかった。


IMGP5276_R.jpg
ブルーベリーはこんな風に実っている。


IMGP5258_R.jpg
それを狙う眼差しは真剣そのもの。


IMGP5277_R.jpg
最初に食べごろの色っていうのを説明されたけど、ひなとゆいは本能で熟したやつを選んでいた。
これが結構いい感じ。


IMGP5287_R.jpg
じゃーん。


IMGP5291_R.jpg
私も楽しんだ。食べた感じは、ブルーベリーガムのような強烈な香りはしないね。
そして熟してないとえらいすっぱい!!
熟してると甘くておいしい!!


IMGP5315_R.jpg
5.6個まとめ食い。


IMGP5281_R.jpg
「青いのはすっぱい」
全然ブルーベリーとは関係ないんだけど、この顔はとてもゆいっぽいひな。
二人を毎日見ていると、全然違う顔に見えるのにこの写真のひながとてもゆいに似てる。


IMGP5305_R.jpg
今日は暑いという予報だったけど、私達が狩りをしていた時間はちょうど日がかげり風もほどよく吹いて気持ちいいねー、なんて言っていた。でもゆいの顔からは汗がタラリ。


IMGP5324_R.jpg
農場にはトンボが飛んでいたので「ほらほら。こうやって指でクルクルするとトンボの目が回るんだよ」と教えると、腕をブンブン振ってトンボを威嚇した二人。
基本的に触りたくないらしい、やっぱり。


IMGP5334_R.jpg
雲行きが怪しくなってきたので狩りを切り上げてソフトクリーム休憩。ラフランス味。


ブルーベリーを大量に食べたことにより
IMGP5338_R.jpg
舌がむらさき~。


「さ、帰ろう」と車に戻ろうとしたら、ゆいが「いやー!!もっとブルーベリー食べるーー!!」と駄々をこねたくらいおいしかったらしい。
~狩りってワクワクするしね。おかあしゃんも大好きよ。



IMGP5342_R.jpg
そして今日は私の誕生日。
ケーキを買ってお祝いしてもらいました。
ひなとゆいがハッピーバースディを歌ってくれてね。
「ハッピバースデー、マーマー、パーパー」「いやパパは違うよ!!」というやりとりもあったり。
ママとパパはセットなんだね。ついうっかり言っちゃってた。

うかつにもお昼ご飯が16時近くになってしまい、夜ご飯まで誰もお腹が空いていないという状況。
夜はごちそう食べようと思ったのに満腹でしかたなかったのでケーキでおしまい。
最終的に昼食が誕生日のディナー代わりになってしまった。しかもラーメン。
誕生日にラーメンって!!
でも柳家というラーメン屋さんで食べたお昼はとてもおいしかったです。

プレゼントはまだ頂いてないんですが、「サプライズがあるって信じてるから。『ほら、これ。お誕生日おめでとう』ってダイヤのネックレスとか密かに用意してくれてるんでしょ?!」と旦那に言ったら、結構大きめの声で「何もねーよ!!そういうの俺に期待しないで!」と言われました。チェ。
でも欲しいって言ったものは買ってくれるというので、いまから吟味して、代金だけ請求しようと思います。
何なの、この現実的な作業は。







ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。




餃子つくったよ 
「誕生日プレゼント送ったがら」
と父から電話があった。
誰のって私の(7月19日)。娘の31回目の誕生日プレゼントにと父が送ってくれたもの。

フードプロセッサー。

そういえばちょっと前に「あんだんちはフードプロセッサーあんのが?」と聞かれてたっけ。
その時「ないない。あるわけないじゃん。あれはね買おうと思ったこともないよ。洗うのめんどいし。」と答えた。のに、来ました。母が電話で「お父さんが何だが高いいいやつ選んだって言ってたんだ」と教えてくれた。
「それ使ってひなとゆいに何かおいしいもの作ってやってな。」と言われたので使わないわけにいかない。


ということで、早速ギョーザを作ってみました。
IMGP5217_R.jpg
はい、くもって見えないところから。
ギョーザを作るに当って、皮がなかった。
買いに行かなければならない。スーパーは徒歩5分の所にあるのにクーラーから離れたくない。
FPの説明書を眺めていると、皮の作り方が書いてあったので、じゃあ作ろうと。
で、粉を熱湯でこねた光景がこの写真です。
こねる用の羽が付属で付いてたのでね。


ひなとゆいにもぜひ何かして欲しかったので、考えた。
あまり被害がなく、簡単で、二人にも出来る事。
IMGP5223_R.jpg
棒状に伸ばして切った皮の生地をぎゅっと押してもらってます。
(ちぎるなー、投げるなー、こねくり回すなー)と心の中で猛烈に念じながら見届けた私。


IMGP5229_R.jpg
そんな私の空気を察してか、二人ともとても上手に、余計なことも一切せず、作業してくれました。
この丸くなった団子を私が面棒で伸ばし、皮が完成。


中の具を細かくする時に私はFPのすごさを知った。
材料は、ブタこま肉、エビ、キャベツ、にら、調味料。
全部入れてギュイーーーーン。


IMGP5219_R.jpg
あっという間。
いや~すごい。世の中のみなさんはこんなすごいものを使っていたんですね~。
私は感動すら覚えました。

ちなみに今日は大根おろしをやってみたんですが、約半分の大根がものの2、3分でズワーーーっとおろせてしまう。高速で回るおろし金にすごいスピードでおろされる大根を見て、心の底から「あー、私この大根じゃなくて良かった」と思いました。もし自分だったら超擦りむくなぁ、と。そんくらいすごい威力ですね、あれ。



で、
IMGP5231_R.jpg
こうなって、


IMGP5235_R.jpg
こうなりました。
焦げ付かなくて良かった。
一つの大きさが市販のギョーザの約2倍。


それでも
IMGP5239_R.jpg
ひな。


IMGP5243_R.jpg
ゆい。


「おいしい~」とバクバク。
一人5個位は食べたな。皮も思ったより分厚かったので相当お腹いっぱいになったと思う。
そして「ひなが皮ジュッジュ(ギュッギュ)ってしてちゅくったの!」と得意満面。
もちろんゆいも。「ひなとゆいが作ったギョーザおいしいねー!」と褒めるととてもうれしそうな顔をしてました。そして今日電話であーちゃんに「ゆい、ギョーザ、ジュッジュってちゅくったの」と自慢げに話してました。
母は「え?なに?」と何言ってるかいまいち分からなかったようだけど。


旦那も「あ、これ家で作った味だ。おいしいおいしい。皮ぶあつ!」と言いながらモリモリ食べてくれた。
ちなみに私はギョーザ作ったの初めて。
今までギョーザは買って食べるものだと思っていたけど、FPが我が家に来た事によってこれからはうちで作るものになると思います。
ひなとゆいの食べる勢いがすごかった!
やー、あの機械はすごいね。


しかしあーいう機械は一度しまいこんでしまうとなかなか日の目を浴びる機会がなくなってしまう傾向にあるので、台所の作業台に置いておくことにした。
今度はお菓子を作ってみようかな~。

お父さん、大活躍の予感だよ。
洗うのも思ってたより簡単だったしね。
ありがとねーーー!

あとお兄ちゃん、作った餃子ね、ホワイト餃子の味がしたよ。皮がモチモチ厚くて。
餃子屋できっかも、あたし。開業するとき声掛けっから手伝ってねー。




という家族間メールでやれよ、という記事でした。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。
















もじゃもじゃ子達の味好み 
ある朝。
IMGP5032_R.jpg
あれ?うちシーズーとか飼ってたっけ?
という程の寝癖をつけてひなが起きてきた。

基本的にひなとゆいの髪の毛はストレート。
父親が大直毛なので引き継いだのだろう。
でもこの前の晩、半乾きの髪をグルグル縛ったまま寝せてしまい、結果シーズーになった。


IMGP5035_R.jpg
ゆいも。
「ゆいさー、前髪散らかってるよ。」と教えてあげたら一生懸命見ようとしていた。
漫画みたいな顔だなー。


IMGP5038_R.jpg
暴れ髪。

私は昔から動物が好きで、子どもの頃から「犬飼いたい!!」と両親に訴え、
その都度聞き流されてきたのでいつか一軒家に住むことになったら飼いたいなぁ、などど思いふけっていた。
あ、でもひなとゆいは動物苦手なんだった。
今度は子どもに聞き流されて飼えないのかしら~。無念。



そんな二人の味の好みが最近また一つ発覚した。
ひなとゆいの皿をご覧ください。



IMGP5044_R.jpg
これはひなの皿。
乗っているのはドーナツ。この後、すぐに最後の一切れもなくなった。


IMGP5043_R.jpg
これはゆいの皿。
ひなと同じペースで旦那があげていたのに一向に減らないドーナツ。
その後もなんやかんやとおしゃべりしては、ちびっと食べ、そしてまたウラウラ。
「ねー、食べないならちょうだい」と言うとあっさり「はいどーぞ。」と。
ひなが横取り40万しても「あれー?ひな食べちゃったねー」とニヤニヤ。


そうなんです。
うちの二人は、ひなが断然甘党。
ゆいはちょっと苦手なようです。

ゆいは特に和菓子系が苦手なようで、饅頭かなんかかじらせたらモフモフ言いながら半泣きで「出す~べ~!!」とあんこを口から出していた。甘納豆も食べさせてみたら、えらい嫌な顔をして出した。
体格いい方が甘いの苦手なんだねー。

ひなはというと、あればあっただけペロッと食べる。
甘いの大好き。だから旦那と意気投合している。
「あまいはうまい!」と二人口を揃えて言っている。


ほほう。私は甘いのが得意じゃないけどそれはひなとゆいには言っていないし、同じように与えているのにこの好みの違い。遺伝子は同じなのに、どこでそんな差が出たんだろう。不思議ですね。


他にはゆいはレタスやきゅうりが食べられるようになってきたのに対し、
ひなは前より嫌いになってきた。


んーーー。


味とはまた違う話になるけれど、叱られた時の反応も全く違う。
大体二人して大人しい時は、二人して知恵を合わせていたずらをしているんだけど、
「こらー!そういうことしないでー!!」と私が怒ると、
「ママ、ごめんね。頭なでなでしてあげる。」と速攻機嫌を取りに来るひな。
一方ゆいは、いつまーでも私の顔を見ながら同じいたずらを繰り返す→余計に叱られる。
最近はこのパターンが多い。


双子っておもしろいなぁと考える今日この頃。





ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。













そんな
旦那実家ダイジェスト 
昨日旦那の実家から帰ってきて一息ついています。
ひなとゆいも移動で疲れているだろうと今日は家で休憩の日。
夕方ちょこっと精米と買い物をしに出掛けただけ~。


そんなこんなでここ数日で撮った写真をずらっと載せます。



IMGP5116_R.jpg
旦那の実家に言ったらこのプールを用意してくれていた。ご満悦なゆい。


とそこへ
IMGP5119_R.jpg
ひなが飛び込んできて衝突。二人は泣き、大人は笑い。


IMGP5139_Rpeint.jpg
夜はこれまたじいちゃんとばあちゃんが用意してくれていた花火を。
去年もしたけど、やっぱり今年の方が訳が分かっていて面白がってた。


IMGP5160_R.jpg
この写真のポイントはゆいの顔。笑ってるねぇ~。
ちなみにゆいのTシャツががっちりINされているのは、旦那実家仕様。お義父さんがいつもぜーんぶINします。ワンピースでもシャツでもなんでもINなんです。私が切りすぎたゆいの前髪とお義父さんのTシャツINのコラボですっかり古臭いゆい。どっちを恨む?!!


IMGP5143_R.jpg
ちょっとだけ一人で持たせた花火。ひなは落ち着いて持っていたので写真をパチリ。
ゆいはおもいっきり振りまわし、大人に止められる。


IMGP5180_R.jpg
見えるかなぁ。線香花火。
こちらもひな。ゆいはおもいっきり-(以下同文)


IMGP5189_Rpeint.jpg
「絶対かわいいから一回被せてみたかった!!」というじいちゃんの熱い希望により紅白帽を被らされるひなとゆい。これはですね、おもしろかったです。


IMGP5204_R.jpg
滞在していた3日間ほどんど雨。
でもちょっとだけ外に出た。ひなが着ているカッパは旦那が子どもの頃に着たもの。傘も。
傘には旦那が描いたというキン肉マン的な絵が。
「こういう絵は得意だったんだよ、他の絵はダメだけど。」とお義母さんが言っておられました。
他の絵のひどさは私も知ってますよ、お義母さん。犬描かせるといつも鼻らへんにさつまいもみたいなの描くんですよ、息子さんって。


IMGP5213_Rpeint.jpg
じいちゃんに歌を披露中。
昔旦那と妹さんが使っていたという歌を採点するっていうおもちゃ。電池入れたらちゃんと動いた。





旦那の実家に来るといつも思う。
物を大切にする人達だなぁって。
電化製品はほどんど年代物で、10年20年前のものは当たり前。
でもきちんと手入れが行き届いていてしっかり動く。
鍋だって取っ手が取れてしまったものをボウルとして使っていて、まだまだ現役。

無駄がないんだなぁ。

家もすべてに意思が感じられる。
手すりもフックも収納も全部に理由があってそこにあるっていうのがよく分かる家。

やっぱり無駄がない。

でもお金がないわけじゃなくって、必要なところにはバーンと使ってる。
そういうお金の使い方って見習わなきゃなぁ。


それから曾じいちゃんのこと。
今、体調を崩して入院している曾じいちゃん。旦那のじいちゃん。
いつもは本家(旦那実家のすぐ前の家)にいて、お義父さんのお兄さん夫婦と一緒に暮らしているんだけど、体調を崩してからは旦那のご両親も一緒にお世話している。
今は病院にいてそこは完全介護をうたっているのに、毎日日替わりで誰かがお世話に行っている。
トイレや寝返りを手伝いながら、午前中から消灯までずっと誰かがそばにいる。
「おじいちゃんは家族が好きだから、誰かいないとかわいそうでしょ」とお義母さんが言っていた。
曾じいちゃんは幸せだな、と思った。
そしてみんなが「早く退院して家に帰って来て欲しい」と言っていた。
やっぱり曾じいちゃんは幸せだ。

曾ばあちゃんもご健在で、ひなとゆいに「これでアイス買えっかなぁ」と封筒に入れたたくさんの百円玉を持ってきてくれた。にわとりを飼っているので卵を売ったお金だという。
全部で3800円もあった。もったいなくて使えないです。

みんながひなとゆいをかわいがってくれて、それと同時に旦那や私もかわいがってくれて、
食べる野菜は畑で採れたものがほとんどで、なんて言うかなぁ、お寺に来た気分っていうかな。
浄化されてきました。



IMGP5174_R.jpg
お義父さんの茶目っ気。
「玄関にひなとゆいと俺の靴が並んでてかわいかったから上に乗っけといた」んだって。
夜中に並べて、朝になっても誰にも触れられず、唯一お義母さんに
「お父さんでしょ、こんなことすんの。どうせそうだと思った。誰も気に留めてないよ。」という呆れた発言をされただけという報われない茶目っ気。嫁が写真撮っておきましたよ。





ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。


















お見舞い 
今日は雨で、岩手の沿岸は肌寒いです。22℃しか上がらないという涼しさ!

そんな中、今日は入院中のじいちゃんの顔を見に行ってきました。ひなとゆいから見たらひいじいちゃん。97歳くらいで、ひなとゆいはいつもじいちゃんの顔を見ると号泣します。ひいばあちゃんの話によると「年をとりすぎているから子供が怖がるの」だそうで。

でも今日はなぜか泣かず、なんと握手まで!!
じいちゃんが口をパクパクさせればそれを真似っこ。「めんこい孫だなぁ」と何度も言っていたじいちゃん。元気になって欲しいなぁ。

旦那の実家に来るといつもいろいろ考えさせられます。それはまたパソコンで更新の時に記録しますがひとまずケータイにて。


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
初めての味 
今日、岩手に帰ってきました。
そして明日から旦那の実家に遊びに行く予定。

実家というものは、いろんなものがありますねぇ。
特に食べ物はいつもと違うもんがたくさん。
私はそれらを食べて育ったわけだけれど(主に海産物)ひなとゆいにはまだまだ未経験なものがいっぱいあって、今回2つ程チャレンジさせてみました。


1個目。刺身~。
これは旦那がうちの父と一緒に釣りに行って釣ってきた魚のやつ。
昼間釣った魚をその日の夕飯で刺身にしてもらって食べたらやっぱりおいしい。
ちょうど実家に遊びに来ていたいとこの子(ひなとゆいのはとこで3ヶ月後輩)ももうとっくに刺身を食べてるよって言ってたから、じゃあとひなとゆいにも食べさせてみた。

感想は「おいしい~もっと食べる~」でした。
あのニヤッとした顔。
「お魚、パパがつったの。よいしょよいしょ、おもいよー、もちあがんないよーってつったの」と言いながら食べる刺身は格別だったことでしょう。

今回は父の船で行ったので、ひなとゆいはお留守番。
想像では松方弘樹ばりの壮絶な釣りのようだけど、その魚、手のひらサイズ。イヤミか?!
釣った魚を見たときに「わーおおきいー!」と言ったのもイヤミなのか?!
でもあれか、前の晩親戚のうちで見た金魚より相当大きかったのは確かだね。

ともあれ、新鮮な魚はとてもおいしかった。お父さんの釣った(?!)なまこもおいしかった。



そして2個目。初めて食べたのは「ほや」
ほやって大人でも好き嫌いがはっきりしてるけど、うちの二人は
「おいしい~」組でした。まじかー。
私も旦那もほや好き。

親の食べるものは何でも食べるようです。
基本的に写真は撮り忘れ。
一応記録の為に書いた記事でした。


あ、お兄ちゃんが作ってくれたゼリー食べてくんの忘れた!!
果物いっぱいで、炭酸が入ったやつ。おいしくてひなもゆいもがっつきまくりだったのにー。
持ってくりゃ良かった。あー後悔。
あと、エジソンの箸も忘れた。これはやっかい。明日から箸箸うるさいな、きっと。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。






海ー!2010 
今日は午前中実家の庭でプール、お昼寝を挟んで、海にも行って来ました。
実家からは徒歩2分です。



去年は砂浜に足を付くなり号泣した二人でしたが、今年はいかに。
P1000002_R.jpg
ひな。
始め怖がって砂いじり。貝殻を拾って「じいにもってかえるー」と言っていました。


P1000001_R.jpg
ゆい。
ずんずんずん。全然怖くないようで。
引く波にさらわれる砂の感触がたまらなかったらしく、波が引くたび「きゃー!!」と奇声を発し喜んでた。


その様子を遠目でじーっと見ていたひな。
「ねー、ひな。ゆい笑ってるね。もしかしておもしろいんじゃない?」と言うと
「ひなもわらう。」と。

じゃ、と足を水につけると「つめたーい!」と大喜び。
どうやら今年は二人とも海が楽しいと感じられるようになったみたい。


P1000007_R.jpg
「キャオキャオ」
一度楽しさを覚えた二人は、大人の手を振り払い、どんどん進む。
「そんなに行かないでよ!怖い怖い!!」と言っていたのは私。
別に海も水も怖くはないけど、服濡れたくなかった。


P1000005_R.jpg
引き腰の親。
子供たちはグイグイです。


P1000008_R.jpg
この引くときがたまらん!といった二人の表情。


今日は波が高かったから泳げなかったけど、波が穏やかだったらジャブジャブいけたかもしれないなぁ。
そんな感じで盛り上がりました。
けど実は一番泳ぎたがっていたのは旦那。朝から「海行こう海!!」とそわそわしてた。
みんな楽しんでよかったですな。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。

松島水族館in宮城 
旦那が1週間の休暇のため、うちの実家と旦那の実家めぐりをします。
まず、昨日から私の実家へ。

実家へ着く前に松島水族館へ行ってきました~。

動物園はことごとくダメだったひなとゆいだったのでどうなることやらとどきどきしたがら入ってみると



IMGP5056_R.jpg
「ぺんぎんさーん!!」
お~っと!なんとテンションが上がってるー!!
「おしゃかなも見るー!」だって!

うれしい・・・。子供らしい反応に感動すら覚えました。
動物園はもう「行かない。」の一点張りなのでね。パパとママの年間パスどうしてくれんだ。


IMGP5090_R.jpg
かぶりつき。
ゆいがなぜかペンギンに向って「びびってるー」と言ってました。
何?見下してんの?


IMGP5072_R.jpg
「きれー」「おさかなー」
子供はもちろん私と旦那も「でけー!」「あの魚、こんな小さくて○○万とかすんのにー」という風にテンションを上げていました。


IMGP5060_R.jpg
見つめあうひなと魚。


IMGP5067_R.jpg
「ども。」
基本的にカメラのレンズが暗いのでブレまくりの館内。
でもこの魚ばっちり静止してから撮り易かった。


IMGP5075_R.jpg
メガネカイマン。
このワニも微動だにせず。寝てんのかな。
ひなとゆいは「いや~見ない~!!」とワニには近づきませんでした。
一応NGがあったようで。


IMGP5087_R.jpg
「おしっこしてる…」
ペンギンの次に興味を引かれていた彼。


IMGP5083_R.jpg
ドクターフィッシュ。
手を入れると小刻みにつつきにきてくすぐったい!


IMGP5085_R.jpg
「なんでチュクチュクするんだろー!」
これはゆい。
ひなはちょっと遠慮気味で。


ずーっとテンションが高くて、行って良かったなぁと。
動物園と違って水槽にがっちりガードされているから安心感があるんでしょうね。
ってどんだけビビリなのか、うちの二人は。


水族館の年間パスなら有効利用できるかもしれない。
でも岩手からだと遠いんだけどさ。
何回も言うけど、動物園のはどうしてくれんだ。







ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。








ブログ村ランキング 
ちょっとよく分からないんですが、勝手に双子ランキング外されていて、
代わりに一卵性双子ランキングに移動されていました。なぜ???

今日、元に戻す予定ですが反映には時間が掛かるみたいです。

しかしなぜ~。誰の仕業?!




ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。
幼稚園について今んとこ 
幼稚園について。

私の周りのママさん達は結構3年保育派が多い。
幼稚園も3歳から。

だから私もそう考えていた。
ひなとゆいも来春から幼稚園に入れようかなと。
他の子供たちと一緒に集団生活をすることで、ひなとゆいは大きく成長するだろうし、
私も息抜きできるかなぁ、もしかしてって思っていた。

そして幼稚園を調べ始めたんだけど、うちの周りって公立幼稚園がないときたもんだ。
私立はいくらでもある。でも、私立は安いところでも一ヶ月15000円位、相場は25000円位。
もちろんうちは×2なわけで。
旦那に話したら非常に驚いていた。「たけー!!」って。

一つ、国立という所もある。
そこだと送り迎え&毎日お弁当が必要だけど、年間10万円もいかないらしい。
でも受験あり。ま、最終的にはくじ引きみたいなもんよ、って受けた人が言っていたけど。

まぁまぁ、金銭的なことは仕方ないか、と諦めかけていたとき、ふと思った。


幼稚園って、休み土日だよね?
あれ?うちの旦那さん、平日休みだよね??
そうすると、いつ遊ぶの、この親子。



うちの旦那は小売業の会社に勤めていて、今は店舗勤務。
みなさんがお休みの土日は、旦那の仕事として逆にかきいれ時。
もちろん盆正月もかきいれ時。休みじゃない。
代わりに、忙しい時期を外した期間に社員が交代で長期休暇を取れるようになっているけれど、
幼稚園や学校の長期休みとは被らない時期だし。


そうか、旦那が娘達と過ごせる時間ってあんまりないんだ。


そう思ったらあと1年、家族で遊ぼうかな、と思い始めた。
日々急成長をするこの面白い2人と触れ合える時間はとても限られている。
学校に入ったら、そうそう平日は休めないでしょう。それは諦めるとして、
幼稚園は必ず3年行かなくちゃいけない訳じゃないし、ここはすぱっと遊んでしまえー!と。
ただ、さすがにいきなり小学校に入れるのは無謀な気がするので、4歳になったら幼稚園に通わせようとは思ってるけどね。


旦那はきっと娘達にとって小うるさいオヤジになっていく。
そして娘達に「お父さん嫌い」「うるさい」「くさい」とか言われて反抗される時期も来る。
私の父は私に対して割りと温厚で、機嫌の上下もあんまりない人だけど、それでもお父さんが嫌いな時期があったし、反抗もした。でも今となっては理解できる。その理解できる年頃には結婚や仕事で家を出るんだ、娘って。

ということで、3歳からの幼稚園は今のところなし!
幼稚園に行ったつもり貯金で家族でいろんなところに出掛けよう。

それが今のうちのベストなんじゃないかな。


ひなとゆいはとても甘えっ子で、いまだに私が座ろうもんならよじ登ってくる。
そして集団が苦手。緊張して固まるか、全然視界に入れないか。
だから来年はリトミックに通おうかと考え中。
リトミックに月2回通って、園庭開放にも積極的に参加して、少しずつ集団に慣らしていければ理想。


今まで通りののらりくらり生活はまだまだ続く予定です。
あ、ただ予定は未定です。




IMGP4717_R.jpg
「出来たー!」
ゆいが折り紙を出してきて、そして私に「ぐるぐるするやつちょうだい」と言った。
ちょっと意味が分からなかったんだけど、どうやら輪ゴムのことを言っていると気づき渡すと


IMGP4718_R.jpg
わかるかな~。



IMGP4719_R.jpg
「かたちゅむりー(かたつむり)」だって。
うまいうまい!テレビかなんかでやったのかな。それともオリジナルか。
どちらにしてもうまい。


で、こないだちょうどカタツムリが外にいたので捕まえてひなとゆいの目の前に出したら
「わっ!こないで!そこにおいて!ママはなして!」と後ずさりして逃げていきました。
どうもうちの二人は動物や虫が苦手なようです。
あと、等身大ヨーダ(スターウォーズ)や、でかめなETも見せると泣きます。

弱虫め。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。














プール開き 
今日やっとプールに水を張ってみた。
と言っても5センチ位だけど。


IMGP4971_R.jpg
何の迷いもなく入るひなとゆい。


私と旦那がバケツで水を入れている間にもワクワクそわそわしていた。
うちにホースリールがないもんでね。バケツです。


IMGP4976_R.jpg
水に入るとケンカしない。普段この距離だと、あっという間にどちらかが泣くんだけど。


IMGP4986_R.jpg
今日初めて正規の使い方で遊んだのに、もう穴が開いているプール。
空気を入れて2日。
家の中を大層乱暴に引きずり回されて、3箇所負傷してしまってた。
ゆいが「おくすりぬっから。」と治療中だそうです。
それはそうと、使う前に壊すなよー。
ほんとにうちの二人はクラッシャーだ。



IMGP4983_R.jpg
監視員。
なぜでしょう。思いっきり背中向けられている旦那。
ケンカせず、絡まってこず、「手かかんねぇなぁ。こりゃいいわ。」とウトウト。ちなみにこの後出勤。



IMGP5000_R.jpg
余計なお世話なんです、それは。
「サンダル、きたないから、カビキラーだから。」と。
ベランダ用サンダルびっしゃびしゃ。そんなことよりカビキラーって!!
虫コナーズといい、カビキラーといい、そんなのばっかり覚えてないで自分の名前くらい言いなさいよ。

先日、買い物に出掛けた先で「お名前は?」と聞かれ、無言で指を2本立てた二人。お名前は2歳。
別の日、また「お名前は?」と聞かれ、しばらく沈黙の後「あんぱんまんはきみーだー♪」と歌う。
のくせ、カビキラーとか言うのはなんなんだ。


IMGP5014_R.jpg
1時間以上水の中にいて「もう上がろう?」と言っても
「あがんないよ。あそぶよ。」と言ってきかなかった。
この格好を見て、私と旦那は同じ事を思っていた。

「水、もっと入れてあげればよかったね・・・。」


今度はね、もう少し水増やすから。



結局「ヤクルト飲もうよ。」と言って二人をプールから上げたんだけど、
その唇はうっすら紫だった気がする。
水はぬるま湯でもけっこう風があったから冷えたのかしらね~。


そして二人はヤクルトを飲んだ後、お昼を食べて、すぐ寝ました。
毎日でもいいなぁ。プール。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。









フラれてフラれてプール購入 
IMGP4948_R.jpg
噴水行こう!
今日は旦那が休みで、どこ行くー?という話になった時、
「一回噴水見てみたいなぁ」と旦那がつぶやき、じゃあ早速!と出掛けてみた。
ひなとゆいも噴水が大好きで「ぷんせんいくー!きゃおきゃお!!」みたいに喜んでた。


のに。
なんか今日の噴水には泡が浮いていて『さっき洗剤で掃除しましたけど』というのがアリアリと見て取れた。
「あー、だめだ。洗剤みたいなアワアワだもん。今日は入れないね。」とひなとゆいに言うも
二人はすでにサンダルを脱いで駆け出していた。
その首根っこをつかんで「入れないって」と言っても走り出した気持ちを止める事はできない。
「はいる~~~」と頑張る二人。
「分かった分かった!じゃあさ、川行こう。川で遊ぼうよ。」と旦那が説得。
すると「かわー?かわであそぶーー!」とひなもゆいもノリノリ。

一度、車に乗って川へゴーゴー!


しかし。
川沿いを運転しながら旦那が一言。
「川、汚ね!あ~昨日雨降ったからだー」

川って雨の影響をもろに受けるんですね。
まっ茶色で、さらに超流れが速い!濁流ってやつ。
「これは、入れねぇな。大人でも立てない。危ない。」と川生まれの男が断言するので、もちろん川もダメ。


そんな状況で「かわは?かわであそぶよ?」とワクワクしているひなとゆい。
かわいそうなので「じゃあさ、プール買ってうちで遊ぼうか。」となった。



うちのベランダにも入る小ぶりなヤツを選んで、あとはウロウロして帰ってきたのが17:30。
もうプールの時間じゃもちろんない。のらりくらりしてましたからなぁ。
でも旦那が膨らませるだけ、と膨らますと


IMGP4966_R.jpg
「おおきいおふろー!」


IMGP4963_R.jpg
「わーーー!!」


IMGP4957_R.jpg
「あかちゃん、はい、ねんねしてね」


IMGP4965_R.jpg
「はーおふろあっちゅいな~」


とまぁはしゃぐはしゃぐ。
帰宅してすぐにお風呂に入ったものの、もうはしゃぎすぎて背中ベッタベタ。いや、もうぬるぬるだったな。


IMGP4962_R.jpg
「うふふふはははは」
とにかく楽しんでいて、私、気づきました。


水張んなくてもいいんじゃね?

ダメ?


あまりにはしゃぐので、ベランダに出したら
「ねー、ほじょべんざどこ?」だって。
プールと一緒に入っていた、膨らました時のイメージ写真が補助便座に見えていたらしい。
あんなでっかい補助便座、誰が使うんだよ。





ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。