<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生初の発熱(ゆい編) 
夜中にゆいが突然熱くなった。

夕方ちょこっと咳するなぁと思ってたけど、それ以外はとっても元気だったので
そんなに気に留めずに遊ばせていた。

ひなとゆいは、毎日遅くとも21時には寝る。
その後、私たち夫婦はゆっくりとテレビを見たり、
洗濯物を干したり、ゲームしたり、とそれぞれ好き勝手に過ごして寝る。

さて、寝ようかねってゆいの顔を見たらやけに真っ赤。
毛布頭から掛かってた訳でもないのに、おかしい。
そして、ゆいの額に旦那が手を当てると「ゆい、すげーあっついぞ。」

私も触ったら、今までに経験ないくらいの熱さ。
額だけじゃなくて、手も足もポッカポカ。

「ちょっと体温計持ってきて。」と旦那に頼んで、私は全身くまなく触っていた。
ま、一回触ってるから、そんなに触んなくてもよかったんだろうけど、
雰囲気でペタペタ。


熱を測ってみると、40.0℃。
チビがこんな高熱出した事無かったから、
真っ先に体温計を疑う私。

何回も何回も測ろうとした。実際測ってた。
旦那は、「こんだけ熱いんだから(熱)あるんだって。」って言ってたけど、
次測ったら36℃台になってるかもしれないしー。
けど、何回測っても40℃近い。

とりあえず冷やそう。
ひえぴたは大人用しかなかったので、はさみで切っておでこへ。
ゆいは、そのときすでに目を覚ましていた。
私たちがバタバタしてたからね。

そして、泣いた。
具合が悪いんじゃなくて、ひえぴたが冷たくてイヤーって泣いた。
「嫌がってるんだからやめろー」と旦那。
「こんなに熱いんだから冷やさないとだめでしょ。」と私。

ゆいはとにかくひえぴたが嫌みたいなので、私が折れて張るのを断念。
常温の水に浸したタオルも嫌がったので、アイスノンだけ
こっそりゆいのまくら(バスタオル)に潜ませた。



「すぐ救急行くか?そしたらひなも連れて行かなきゃなんねーか。」
「うーん、本人すごい機嫌はいいけどね、こういう時、連れてった方いいのかな。」
こんな会話をしてる側で、ゆいは絶好調の笑顔を見せていた。

「こんなに熱いのに汗一つかいてないよねぇ。」
実際、ゆいは汗ばむことすらなく、さらさらボディを保っていた。

「これは、脱水症状か?」
「部屋が暑すぎて熱中症か?」

いろいろ浮かぶけど、素人が寄せ集まってどうのこうの言ってたって
始まらないので、小児夜間受付当番病院に電話した。
病院の方は、夜中の1時にもかかわらす、とても丁寧に話を聞いてくれて、
「本人が機嫌がよければ、明日の朝まで様子みてもいいですよ。」と
答えてくれた。
「どうしても気になるとか、ぐったりして水分も取れないようなら
どうぞ連れてきてくださいね。」と言われ、
イオン飲料をガブガブ飲んでるゆいを見て「明日連れてこう。」と決めた。



朝になって、ゆいの熱は38度前半にまで下がってはいたものの、
まだ高い事には変わりなかった。
食欲はいつもどおりモリモリ。
いつなんどきでも無くならないゆいの食欲。頼もしくさえある。

病院では、男の人風女の先生にきっちり人見知りして、
風邪かもしれないし、突発性発疹かもしれない、と診断された。


帰ってきてからも、ゆいの機嫌はすこぶるいい。
「おいも食べる?」とふかし芋を皿に出してあげると
IMG_0676_convert_20090209140603.jpg
皿まで食ってた。

でもその皿、ひなのなのよ。
IMG_0677_convert_20090209140643.jpg
くやしがってるじゃないか。

ひな、あいつ今はあんなに我がもの顔だけどさ、
病院では看護婦さんに笑われたくらい泣いたしさ、
体温測ったら37.4℃しか出せなかったんだよ。

本番にめっぽう弱いやつなんだから。


IMG_0682_convert_20090209140824.jpg
結婚式か、優勝力士か。


IMG_0680_convert_20090209140741.jpg
でも、やっぱりどことなく目がうつろ。

お昼ごはんを食べ終わった辺りからまた火照りだした。
38.2℃。

元気があって、食欲もあって、高熱。
突発かなぁ。
でも、咳もひどくなってるから風邪かなぁ。

ひなにも当然うつるよねぇ。
病院の帰り際に、小児科の看護婦さんから
「今度は妹ちゃん、来るかな!(ちなみにひなは姉)仲良しさんだからね☆」と
不吉なことを言われた。


困るんですけど~。

でも、私もそんな気がするから、タイトルは「ゆい編」にしといた。
きっと近いうち、「ひな編」が繰り広げられるであろう。


IMG_0683_convert_20090209211933.jpg
私の粘り勝ちで貼られた大人用ひえぴた。
でかい。

夕方になって熱が更に上がってきた。
夕ご飯は食べやすいようにと、雑炊を作ってあげたんだけど、
ゆいは一回口に入ったものを手でかき出したりして進まない。

ついにゆいの食欲に変化が。

と思ったら、その後私が食べていた納豆ご飯をものすごく羨ましそうに
見てきた。そして「くれー」と騒ぐので、海苔に巻いて一口あげたら
絵に描いたようにニッコリ♪

あー、単に雑炊が気に食わなかったんだ・・・。
悪かったね、まずくて。

結局、しっかり夕飯を食べたひなも欲しがって、わたしのご飯は
3分の2横取りされた。



寝せる前にゆいの熱を測ったら、39℃まで上がってきた。
そのせいか泣いて泣いて仕方がない。

具合悪いんだね。かわいそうに。
早くよくなーれ。

で、ひなにうつりませんよーに。








ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
最後まで見てくださってありがとうございまーす。










スポンサーサイト
回転寿司デビュー 
夫婦二人の時は、よく外食したものだけど、
ひなとゆいが生まれてからはほどんどしたことがなかった。
ごくまれ~に、大人の数が子供数を上回ったときに数回行った程度。

だって、食事中ひなとゆいが同時にぐずったりしたら
食事なんて食べてらんない。
そんな状況が目に見えていたので今まで避けていた。

でも、最近は日中も機嫌よく遊ぶことが増えてきたし、
とてもいけそうな気がした今日、行ってみたんです、回転寿司。


「いやぁ、外食らしい外食久しぶりだねぇ」なんて浮かれ気分でボックス席へ。
まず、ひなとゆいにかっぱ巻きを与えて黙らせる作戦決行。

「ほら、これ持って。」と手渡した長さ3センチくらいのかっぱ巻き。
私たちの予定では、そのかっぱ巻きを二人がチビチビ食べているうちに
好きなの食べましょう、だったんだけど、なんと二人ともマルッと口の中へ。

「わー!ひなが全部入れたよ!!」
「いや、こっちもだよ!!」

「ほら、入れすぎだから口の中から出てきてる!」
「なんか飲み物あげないと詰まりそうだよ!」

お茶は熱いので、ジュースを注文。
それが来るまでの間、口の中パンパンなのに「おかわりくださーい」と訴える二人。
「じゃ、これ、卵焼き持ってな。」って持たせた。
これも私たちの予想では、とりあえず何かを持てば落ち着くだろうと、
まさかそれ以上口には入れないだろうと、・・・思ってた。

でも、そのまさか。
ひながちょっと口からあふれてるかっぱ巻きを無視して
卵焼きを突っ込み始めた。
「おーっとっとっと!そりゃ無理だ、ひなちゃん!」
慌てて卵を取り上げる旦那。

そうしてる内にジュースが到着。
「うわ、超冷えてる!」
「このお茶用のお湯で割ろっか!」
そうやって、果汁20%のジュースをお湯で割って、果汁5%くらいのぬるいジュースに。

二人にそれを飲ませて一段落。


「・・・落ち着かねぇ。食った気がしねぇ。」と旦那。
確かに。

その後も、メニューをわざと床に落とす、おしぼりも落とす、
テーブル備え付けのスプーンを気に入る、ついたての向こうの
お隣さんを凝視する、同じくお隣さんとこのお子さんがこっち見てて
元気にあいさつされる、などなど、なるほど落ち着かなかった。

ひながテーブルに置いてあったガリを欲しがった時、
旦那が「ガリって食わせてもいいと思う?」って聞いてきた。
絶対泣くから。迷わないで。


二人のおもしろい行動や、食べ姿を店内で写真に撮る勇気がなかったので
イメージ写真で。
IMG_0669_convert_20090208223636.jpg
かっぱ巻きはこんなもんじゃなかったけど。


IMG_0672_convert_20090208223721.jpg
もはや何の参考にもならない普通の写真だけど。


なんとか食べて、帰りの車中。
「なんか、全然落ち着かなかったね・・・。」
「うん、予想外にもな・・・。」
こんな会話をした私たち。読みが甘かったんですね、私たち。

「でもさ、なんか楽しかったよね。」
「うん、楽しかったー。」
「なんなら二人で食べるより楽しかったよね!」
「うん、おもしれかった!」

そう、おもしろかったんです。
ひなとゆいもすごく楽しそうだった。

落ち着かないことは確かだけど、変な充実感に満たされた私たちだった。



今日はあんまり外で歩きたがらなかった二人。
うちに帰ってきたら急に元気になって、
IMG_0667_convert_20090208223553.jpg
「ばぁ!」(実際に言う)


IMG_0664_convert_20090208223508.jpg
シュバッっと身を隠す。


今度こそ、アスファルトに勝とう。









ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
最後まで見てくださってありがとうございまーす。









暴走列車 
毎日の靴訓練の成果を試すために、今日は外へお出かけ。

まず、うちの駐車場へ放ってみたら、号泣。
ゆいは、なぜかハイハイをしながら回転してた。
ひなは、ちいさい石ころをいじくりながら泣いてた。

とりあえず、駐車場のアスファルトに一敗。


お次、カーショップ。
ここなら床が平らでツルッとしてるしいいかなーと思ったら、
降ろそうとする雰囲気でベソ。
降ろしたら絶対泣くぜって感じで、また1敗。


最後にいつものショッピングセンター。
赤ちゃん休憩室でおむつを替えた後、そっと降ろしてみたら
歩いた。
床がタイルカーペットみたいになってて、恐怖感が和らいだのか、
周りに同じ年頃の赤ちゃんがいっぱいいたから気持ちが高ぶったのか、
分からないけど、とても楽しそうに歩き始めた。

そこからは、もう歩きたい!!
ひなは、ベビーカートに乗っていたくない、と体をそらす。

ベビー休憩室の出口付近で、うちよりちょっと年上の男の子が
ゆいに大接近してきた。
二人とも声を出すでもなく、ただじーっと見詰め合っていた。
男の子は、なんとなーくゆいの周りをグルグル。

その後は、男の子はひなの隣にぴったりマーク。
ボク、二股はいかんよー。
いや、ひなとゆいを同一人物だと思ったのかも知れないね。

その様子を見ていた男の子のパパが、男の子ママに
「何回もアタックしてるんだよ。」って話してた。
果たして恋は芽生えたかしら。


ひなとゆいをベビーカートに乗せて、いろんな売り場を見て歩いていると
ひなはやっぱり降りたいみたいで、「うー」とか「あー」とかうるさくなってきた。

じゃあ降りなよって降ろしたら、飛びっきりの笑顔を見せてくれた。
ホントは写真を撮りたかったけど、土曜のショッピングセンターで
カメラばしばし撮ってる姿ってどうなの?!ということで最後にちょっとだけ。
IMG_0652_convert_20090207223509.jpg
とてとて。余裕。ひな。


snap_miffio1210_200926231411.jpg
「あー」と言ってちょっとぐずってたゆい。
パパから離れたくない。

でも、クルッ。
snap_miffio1210_200926231542.jpg
ん?どうした?


snap_miffio1210_200926231224.jpg
スタスタスタスタスタ。
さよ~なら~

さっきのぐずりは何だったの?

お、戻ってきた。
IMG_0657_convert_20090207223835.jpg



IMG_0658_convert_20090207223911.jpg
楽しいねー。
ほんとは公園とか連れてきたいんだけど、お外はとても寒くて母は迷ってるのよ。
せっかく風邪治ってきたし。



旦那に入り口のところで二人を見ててもらって、ちょこっと靴屋さんの中を見て
戻ってみたら、ひなとゆいがそれぞれ行きたい方に勝手に行くから
とても大変だったって。
大人一人で連れて歩くには、紐くくりつけとかないとやべーんだそうだ。
なるほど。それは大変だ。

でも、それ以上に嬉しい。


どこか広くて、人が少なくて、暖かい場所ないかなぁ。
春になるのが待ち遠しい。









ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
最後まで見てくださってありがとうございまーす。




はでだねー 
うちの双子の洋服は90%くらいは頂き物。
じいじ、ばあば、親戚の方々、友達、などなど
みなさんにたくさん買っていただいている。

とてもありがたい!

私も旦那も、「こどもに着せるのはこれじゃなきゃ嫌!!」なんてのは
全くないから、どのお洋服もぜーんぶお気に入り。

もちろん色んな方から頂くので、テイストはそれぞれ違っていて、
それもまた着せるのが楽しい。


その頂き物の中で、群を抜いてド派手なお洋服がある。
ジャン!!
IMG_0634_convert_20090206133548.jpg
これはすごい!

何枚か着ているようだけど、実は中のからし色のロンT以外は全部つながっている。
だから、ズボンだけでも無地で・・・なんてことは許されないのだ。

何ヶ月か前に、いとこのお姉ちゃんと、そのお母さん(私にとっての叔母)が
買ってくれたもの。
サイズは、M。
80とか90じゃなくて、M。
今日の朝、試しにあてがってみたら丁度良さそうだったので、
思い切って着せてみた。

寝起きの旦那と私は、「この服はすげーなー。迷子になんねーぞ、これ。」
とか言いながら着せた。
もうこの際、レッグウォーマーも派手なのにしちゃえーって、
カラフルしましまできめてみた。


そして私は「はーでー♪だーねー♪」の歌を何度も口ずさみ、
旦那は知らないらしく、「さっきからなんなんだよ、その歌?!」とうるさい。
「え?知らないの??だからー、はーでー♪だーねー♪だよ?」
このやりとりを何回か繰り返した後、「俺とママは世代が違うからね。」
と言い出したけどさ、私、1979年生まれで、あんた1980年じゃん。
生まれたの半年一年半(←微妙にサバ読んでしまってた。旦那から抗議を受け気づく)
違いくらいだから。
世代ってそんな小刻みじゃないでしょ。

あの歌を知らないとは非国民だなー。




IMG_0627_convert_20090206133314.jpg
こないだEちゃんからもらった乾燥かんぴょう入りの袋を持つゆいも派手。


IMG_0632_convert_20090206133414.jpg
私のスリッパを履こうとがんばっているひなも派手。


もちろん
IMG_0624_convert_20090206133219.jpg
後ろだけでも無地・・・なんてことはなく派手。
総柄。


IMG_0637_convert_20090206133634.jpg
もしかして、ちょっとより目にしたら絵が飛び出してくるっていう
視覚効果があるんじゃないかしら、と疑いだす私。


IMG_0639_convert_20090206133716.jpg
おもちゃのあひる隊長もかすむ。すごくはっきりした黄色なのに。


IMG_0643_convert_20090206133845.jpg
でも、だんだん見慣れてくるとかわいい。

子供の時しか着れないもんね、こういうの。
今度外に着せていこう。
ただでさえ目立つ双子に、このド派手な服を着せるんだから
私も旦那も負けないようにしないと!!





そして目が慣れた頃、これを作った。
IMG_0645_convert_20090206133942.jpg
豚とろろ丼。

私が、自分一人のためにご飯作るってことはほとんどない。
朝起きて、チビに朝ごはんを食べさせたら、
掃除したり、片付けしたりしていると、あっという間に昼近くなる。
そうしたらまたチビのお昼ご飯作んないと、とかやってると
結局昼過ぎまで何にも食べていない事も多い。

その後も、ちょっとしたもの(お菓子とか菓子パンとか)つまんだだけで
夜になったりするので、これではいかんと思い始めた。
最近立ちくらみがするし。

だから、今日はちゃんと食べようと肉を焼いた。
肉だけじゃダメだねって、小松菜も一緒に焼いて、
最後に大好物のとろろもかけちゃった。
ビジュアルはアレだけど、結構おいしかったのでまた作ろう。

基本的に、チビ達が起きてる間は座って食事をしない。
キッチンで立ち食い。旦那と二人でも立ち食い。
だってテーブルに食べ物並べたら、ひなとゆいにごちゃごちゃにされるのは
目に見えているから。

今回もいつものように立ち食いしていると、やっぱり「なんかくれー」と
ハデナシスターズが寄ってきた。
いつもなら、ちょっとあげたりするけど、生の長芋はどーなのよって
思ったので、これで勘弁。
IMG_0646_convert_20090206134152.jpg
ザ・海苔。
丸飲みします、ゆい。


IMG_0647_convert_20090206134225.jpg
ちぎって食べます、ひな。

あげてから気づいたけど、豚とろろ丼に刻んだ海苔をかけたら
おいしそう。


とりあえずおとなしくなったので、海苔バンザーイ。





IMG_0649_convert_20090206134301.jpg
あ、お二人さん、あんまり近くに並ばないで。
黄色い花柄が飛び出して見えちゃうから。


でも、こういう思い切ったものもかわいくていい!
いとこのお姉ちゃん、おばちゃん、ありがとう♪









ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
最後まで見てくださってありがとうございまーす。





オマエイジワル 
IMG_0610_convert_20090205111053.jpg
ひながこどもチャレンジの勧誘チラシを持ってとっても楽しそう。
そこへ、ズンズンとゆいがやってきて力ずくでそれを奪った。
突き飛ばして、おまけに睨みつけながら。


自分の欲しいものが手に入って、うれしいけど複雑な表情のゆい。
だって、ママがちょっと怒ってる?


ここ数日、ゆいが強い。
ひなが遊んでいるおもちゃを片っ端から奪う。
ひながいる場所を片っ端から乗っ取る。

こんな事を繰り返している。

奪い方も半端じゃなくて、噛み付いたり、髪の毛を引っ張ったり、
両手で突き飛ばしたしして、手段は選ばない。

少し前までは、ひなが物を使ってゆいの頭をガンガン叩くのが困りものだったけど
こういうのって、順番に強い係りが回ってくるのかな。

日中あまりにもゆいがひなをいじめるので、旦那に言ったら
「ゆいのそういう時期なんじゃね?」と言ってたし、私も
そうなのかもなー、でも目に余るよなーと思ってた。


そして、遅番で午前中家にいた旦那が、実際ゆいの暴行現場を目にし、
「お前、いじわる!」とゆいに言っていた。
思った以上に強引な手で横行していたのが分かったんだろう。

でも、私はなぜ旦那かカタコトで言ったのか、そればっかり気になってしまった。
本人は何にも意識してないんだろうけど、明らかに
「オマエイジワル!」って聞こえたよ。
なぜ?!


そんなこんなで、一日に何回も
IMG_0606_convert_20090205110708.jpg
こんな顔にならざるを得ないひな。
そんなに泣くけど、ちょっと前までひながゆいをこてんぱんにしてたじゃん。


IMG_0607_convert_20090205110802.jpg
「じゃ、これあげるよ。」

反省したかどうかは分からないけど、奪ったもののきれっぱしをゆいが差し出した。
うん、本体はくれないんだね。ケチだねー。
そんなんじゃひなはごまかされないんだよ。
IMG_0608_convert_20090205110846.jpg
「あ、どーも。」
もらうの?!あ、そう。


IMG_0609_convert_20090205110928.jpg
あげるものあげたら、これ以上取られないようにと体を背けるゆい。
「これって、わたし損してる?」のひな。


ところで、何書いてあんの?それ。
IMG_0611_convert_20090205111015.jpg
すごく難しい事でも書いてあるに違いない顔。


うーん、どうやって分からせたらいいものか。
順番だよ、叩かない、なんては言ってるけどすぐまた噛み付きにいくし。
仕方ないのかもしれないなー、と諦めてるところもある。
成長してもう少し物事が分かるまで、根気強く付き合ってくしかないね。

でも、両手でドーンって突き飛ばすとかどこで覚えたんだろう・・・。
喧嘩しても暴力は振るわないのになー、私。









ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
最後まで見てくださってありがとうございまーす。


最近午前中寝なかったのに、今日はぐっすり眠っている二人。
なぜかひなは、土下座です。
IMG_0623_convert_20090205114944.jpg
大丈夫かっ!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。