<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新婚さんいらっしゃ~い 
今日は、旦那の先輩夫妻と小岩井農場にレッツゴー!

先輩というか、前いた勤務先の上司Oさん。
最近その方も転勤になって、また家が近くなったので遊べるようになった。
旦那とOさんは友達みたいに仲が良くて、その奥さんも前勤務先のパートさんだった人なので
みんな仲良し。ちゃっかり私も仲良しっぷりをさせていただいている。

Oさん夫妻は4月に結婚したばかりの新婚さん。
二人が付き合う前から知っている旦那は未だに結婚したのが信じられないらしく、
私と二人でいろいろ質問責め~。どんな生活をしてるのか超気になる。


IMGP0724_R.jpg
小岩井にて。少し打ち解けた記念写真。
若い男性のOさんにきっちりきっかり人見知りをしたひなとゆい。
ゆいはベビーカーに乗った状態で、Oさんを目の前にしたら思いっきしうつむいた。
車の中で眠ってきたから、その延長で寝たのか?!と思ったくらいズーンとうつむいた。
泣かなくなっただけマシかなー。
っていうか、ここまできて砂利で遊ぶなよな。




今日は日差しはそれほどでもなかったけど、湿度と気温がとっても高くて、
男性陣汗だく。子供も汗だく。
IMGP0730_R.jpg
いつもは食べさせないけど、特別ソフトクリームをおすそわけしてあげた。


IMGP0731_R.jpg
甘くて冷たくてもうやみつきって感じ。
砂利ゾーンから一歩も出なかった二人をソフトで釣ったという裏話。


IMGP0734_R.jpg
新婚さんが見つめるのは、ゆいにインタビュー中の旦那。

この新婚さん、歳の差9つ!!
旦那さんの方が上。でも見た目が若いからそんなに歳の差があるなんて見えないし、感じない。
結婚指輪がピカピカ光ってました。ウフフ。

IMGP0741_R.jpg
パパが登っていった網に真似っこして登ってみたひな、と挑戦中のゆい。
ひなはどうやっても降りられなくなっている。
「おりおりおりおり・・・」という呪文を唱えて私に降ろしてもらたいアピール中。


IMGP0743_R.jpg
牧場と言えば羊。すごく大人しいので子供達もさほど警戒してなかった。
私も触れるけど、羊とかヤギの黒目が気になるタイプ。ちょっと不気味な黒目なんだよねぇ。
それから
IMGP0745_R.jpg
暑いのに毛布着て、こんなに固まってるとこっちまで暑苦しい。
羊も暑いのか呼吸がとても速く浅い。
この塊全体がモヨモヨモヨと高速でうごめいていてずっとみてると船酔いしそうな光景だった。
毛、刈ってあげたかったよ。


2時間近く遊んだら、ひなもゆいも汗ダラダラでとても眠そうになってきたので
うちに移動することにした。車の中で寝て、うちに着いたらようやくOさんとも打ち解け、
お茶菓子をどんどん平らげる二人。
私達夫婦は、やれ小遣いはいくらもらってるだの、部屋の間取りはどうなのだの、
買い物はどこ行くのだの、ほんとに生活に関する質問ばっかり。聞いてどうすんだっていうことだけど
気になるんだもの。
そのすべてに答えてくれるOさん夫妻。
一つ答えるごとにあーだのこーだの言うこちら夫妻。うるさいねー。

でも、「お互いなんて呼んでるんですか?」っていう新婚さんには基本の質問にだけは頑なに口を閉ざしたOさん。とても人に言えないんだって。もし知られたらもう会えねーんだって。
うわ~気になる。

二人が帰った後、私と旦那で「なんて呼び合ってるんだろう~」と勝手な想像を交えながら
盛り上がったのだった。







ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。













スポンサーサイト
保育士さんの心遣い 
先日、市の健康診断に初参戦してきた。
30歳になると乳がんとか子宮がんとか健診が増える。

この歳で身長がちょこっと伸びていたので気分良くスタートが切れた。
体重はあいかわらず。出産後どうやっても減らなかった1キロが減っていたので
これではれて出産前の体重となったけど、もともとスレンダーではないため全然嬉しくない。
あー、明日の朝起きたら急に10キロ痩せてないかなぁ。

それとこのお腹の皮(とその中に詰まった肉)どうしよう。
ひなとゆいが大きかったから、お腹もバーンと大きかった妊娠中。
出してみたらお腹の皮がショボショボになって一向に治らないんですけど。
旦那に「もう新しい恋ができない。」って嘆いたら「うーん。その腹ではね・・・。」と肯定された。
仕方ない。旦那で我慢するか。あ。こっちのセリフだっていう旦那の声が聞こえる。
IMGP0684_R.jpg
「あたしたちのせいにしてるけど、皮はね、そりゃうちらのせいかもしれないけど
中の肉は自業自得でしょうが。」ゴショゴショ。


で、健診に行った日、午後から支援センターに行った。
いつも行ってるとこと違うところ。
そこは常駐してる保育士さん達がとっても親しみやすくて好印象だった。
誰かが泣くと、さっときてフォローしてくれるような安心できる環境だった。
お母さん達もそんな雰囲気の中にいるからか、知らない人同士でもすんなり友達になれたり。

でも、私達親子は輪に入らなかった。っていうか、入れなかった。
なんでかって言うと、ひなとゆいがおままごとで使う野菜に超超超~~はまってしまったから。
あの真ん中がマジックテープでくっついてて、おもちゃの包丁でざくって切るやつ。
そのザクッが相当気に入ってしまって、二人で黙々と分割してた。

分割したものの、くっつけることはしないため、それは私の役割。
二人とも集中モードで軽快に切っていくため、すぐくっつけてやらないと在庫が切れる。
延々と延々と。3人ともだた無言で作業。
最初に飽きたのは、私。
だって!だって!!1時間も同じ事ずっとさせられたらね、飽きるわっ!
他のママさんたちとお話もしたいのよ、ママだって!!

時計を見たらもう16:30だったので、いい加減飽きたし、「もう終わりにして帰ろう?」と
二人に問いかけてみた。
ひなとゆいのどこにそんな集中力が潜んでいたのかは知らないけど、もっとやるんだー!!とばかりに泣いて抵抗。

もうママ疲れたんだよー、仕方ない、お菓子やるか。

おもちゃの野菜を二人の手の届かない場所に上げて、「お菓子あげるよ~」と誘ってみる。
まずひなの顔色が変わり、ニコニコと私も元へ駆け寄ってきた。
よしよし、あとはゆいを力づくでベビーカーに運ぶか、と策を練っていると
「どうしたの~?」と保育士さん登場。
泣くとね、さっと来てくれるもんでね。

で、「ほらほら、これなーんだ?お料理しよっかー♪」と出したのが
さっきしまった野菜。

おいおいおーいっ!!何してくれんの?!

せっかく寄ってきたひなまで戻ってしまったじゃないですか!!

そりゃゆいはピタッと泣き止んだよ、だってそれが欲しかったんだもの。
泣き止んだから「ね、お料理いっぱいしようね♪」って言って保育士さん行っちゃった。
そこからまた30分、ひたすらくっつける私と切る娘達。

疲れた~~。

とってもアットホームないい場所だったからまた行こうと思うけど、
あの野菜には気をつけないと。


IMGP0683_R.jpg
「ひなちゃん、あんぱんぱん似合うねー。」
「そんなことよりあの野菜欲しいねー。」









ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。
ことばことば 
今日の朝はひなの歌で目覚めた。

「てってー、いでー、ふんふんばー、みーんなー、かあいー、ってー♪」
これね、お手手つないでの歌。
朝から一人で熱唱してたんだね。

歌もそうだけど、最近の言葉の発達が目覚ましい。
私を呼ぶ時は「おいで!おいで!」って言うし、こないだご飯の時にゆいが「おいしー」って言ったのは
すっごく嬉しかった。糸こん食べてたっけ。

あと、なぜか一昨日から夜7時頃になると「おしりふりふり」を歌って踊らされる日々。
なにか他の事をしていても、突然思い出すらしく、座っている私の背中を押して立たせ、
「しぇーの!しぇーのっ!」と掛け声がかかる。
「せーの!」って言われてもさ、最初の2、3回ならいいよ。
10回以上も踊らされる私。でも、この「しぇーの!」がかわいくて、毎回全力で踊っている。
もういい!痩せるつもりで踊るわっ!!という意気込み。
しかも、その歌。あんまり知らないから超適当。踊りも。
ひなとゆいも見たことないから、私が歌うとその場でグルグル回るだけだし。夜7時は異様な時間。

昨日、支援センターに言ったら年上のお姉ちゃんの真似して「ダメ!」って言ってた。
すぐ覚えるようで、ひなもゆいも「まめっ!まめっ!!」と。
外に出れば、「あめ!あめー!」雨が猛烈に降った日に、「雨すげーね」って言った私の言葉を
覚えてるようだけど、晴天でも外に出れば「あめー、あめー」。
何の事を雨と覚えてしまったのか謎。

雑誌を見れば「パパー。」ちゃんと男の人を指す。
そうとうかっこいいモデルさんを指して「パパー」って言うので、顔で認識はしてないと見た。
ちなみに雑誌にママはいないらしい。体型かっ?!体型が違いすぎるからかっ?!

サンダルとかケータイとか、私の物は「まーまーの」って言うようになった。
「じゃこれは?これはひーなーの、ね?」って教えたら「いーあーの!」と二人とも。
「これは、ゆーいーの。」っていうバージョンはなぜか二人とも無言になる。なんで?

「石」「いーし」、「雲」「うーも」、「アリ」「あーい」。
教えれば何でも真似する九官鳥。おもしろくなってきたなぁと一人で笑っている。
だからこそ、バカとかうるせーとか、乱暴な言葉遣いには気をつけなくてはならないと思ってる。
普段もそんな言葉は使わないけど、(使うとしたら旦那にのみ)どこで口走ってるかわかんないしね。子供が生まれて急激に独り言増えたしね。
でも、訛るんだろうなぁ。両親とも訛ってるもんなぁ。ひなとゆいもそうなる運命。


IMGP0701_R.jpg
見つめるひな。


IMGP0698_R.jpg
ゆい「ここにもくっつくー。」


IMGP0703_R.jpg
茶こしでおままごと。
この時もたべる振りして「おぃしー」って言ってたゆい。


IMGP0715_R.jpg
「ぼうい!」かぶせるゆい。それ紙風船ね。


IMGP0719_R.jpg
「ニーハオ」かぶらされたひなは中国人形。


で自分も「ぼうい!」と言ってざるをかぶったゆい。
IMGP0710_R.jpg
ママからすればヘラクレス(外国のでっかいカブトムシ)



どんどんおしゃべりになって、いろんな話ができるようになるんだろうなー。
そしたらいろんな相談とか逆にしちゃったりして。
IMGP0705_R.jpg
まだまだ先の話だろうけど。








ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。








甚平その後 
地域のお祭りに行ったときに着た甚平。
お祭りの帰りにひながうんちをして、そのひなを旦那が抱っこしたら
おむつの中からむにっとね。
うんちのシミって付け置きしても何しても落ちない!!一回しか着てないのにー!

そういえば、あのお祭りの日。
日中私が具合悪くて、旦那がひなとゆいを連れて外にでてくれたんだけど
「車の中で野菜ジュース飲ませたからー。」って言ってたっけ。
野菜ジュースはうちの子達の便秘時の特効薬。
最近はうんちも固くないので飲ませていなかったらから、すっかり効き目を忘れてた。
下痢でもないのに超大量に排出されたもんだ。そりゃおむつのギャザーも支えきれない。
おまけにこないだ旦那の後輩さんファミリーとご飯を食べた時、奥さんが
「ブルーベリー食べさせるとうんち黒くなりますよねー。」って言ってた。
「あー、なるなる!」と言いつつ、甚平の日の朝、ブルーベリーを大量に食べさせたことを思い出してた。

野菜ジュースとブルーベリー→大量の黒いモノ→甚平死亡

そういうことだったみたい。
母に「甚平1回しか着てないのに、シミが気になるからもう着せれないやー。」と相談したら
「んだら、染めたらいいっちゃ。」とあっさり回答が帰ってきた。
あ、そっか。シミを取ろう取ろうとするからダメなのであって、染めて目立たなくしちゃえばいいのか。

「それ、いい考え。」

私、自慢じゃないけど染めもの経験&知識0.00%
それなのに下調べも0.00%でいきなり染料を買ってきてやっちゃいました。
染め方なんて、説明書に書いてあるでしょ、とたかをくくって。

IMGP0518_R.jpg
これが、シミのある甚平。クリーム色。


いろいろ考えた末、和の色っぽい紫にすることに。
IMGP0521_R.jpg
染めてる途中。
この染料は、綿を染める場合染まるのを助けるために塩を入れる工程があった。ということを
染め始めてから知った。
結構入れるのに、うちにある塩ってね、アジシオしかないの。あとは塩コショウ。純粋な塩がない。
アジシオと塩コショウを天秤にかけて、アジシオを使うことに決定。
味の素よ、じゃましないでねと祈りを込めて。

ほんとはうすい淡い紫にしたかったんだけど、どうも加減が分からんということで
超目分量で染めた。
そしてできあがったニュー甚平。
IMGP0637_R.jpg
ジャーン。濃い!!
とってもアダルトだわ。1歳児が着るとどうなるのかしら。不安。


今日はなんの日でもないけど、甚平の日として
「ねーねー!これとこれ、どっちが着たいー??」とひなにノーマル甚平とアダルト甚平を見せた。
そしたら、迷わずノーマルを取ったひな。
「うそだー!ほんとはこっちがかわいいって思ってんでしょ?」とアダルトを押し付けると
超迷惑そうな、嫌そうな顔をしたので、アダルトはゆいに着てもらうことに。



まず、ノーマルひなせ。
IMGP0641_R.jpg
「これが一番。」
これを買う時に「これ!!」といって離さなかっただけはある。お気に入り。


で、問題のアダルト甚平を着せられたゆい。
IMGP0666_R.jpg
「なんか変じゃない?私の変じゃない?」
変じゃない、変じゃない。ゆいのはもともと紫だったよ、と目をそらす私。


まーいーさ。同じのもかわいいけど、こんだけ色が違えば他の人が二人を区別しやすいでしょう。
IMGP0681_R.jpg


IMGP0672_R.jpg
「やっぱりひなのがかわいい」のスリスリ~。



こうやって見ると、ひなの方もローズとかに染めたくなってきたなぁ。ふふふ。







ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。








1泊2日田舎の旅 
土日で旦那の実家にお泊りしてきて、写真をたくさん撮ったので
今回は写真をメインに載せたいと思います。かなり抜粋ですが。



旦那の実家は同じ岩手県内ではあるものの、うちは内陸、実家は沿岸なので
気温の差がとても大きい。
車で2時間弱。ひなとゆいがほとんど寝てる間にブーンと行って、車から降りたらヒヤッとした風。
岩手の内陸は夏ともなれば、ムシムシと暑く、すぐクーラーを付けたくなるけど、
沿岸地域だと自然の風がクーラー代わり。
この土日はいつもよりさらに涼しかったらしく、最高気温20℃そこそこ。
夜になると寒い位だった。

実家に着いてまずひながしたこと。
障子を破った。お義母さんが「あー!こないだ張り替えたばっかり・・・。」って言ってた。
それも、前にひなが破ったからですよね。すいませーん。
手を洗いに洗面所に行くと、障子を貼った時に使ったであろう刷毛がまだ干されていたので
ほんとの貼ったばっかりだったはず。すんません。

実家のすぐ前にはお義父さんの実家、つまり本家があって、そこには曾じいちゃんと曾ばあちゃんがご健在。旦那の伯父さん夫婦と一緒に暮らしている。
「本家におみやげ置いてくるからー。」と本家にひなとゆいを見せに行った。
そしてひながまずしたこと。
仏壇のお茶を畳にぶちまけた。ギャー!ご先祖様すいませーん!!
IMGP0534_R.jpg
曾ばあちゃんと孫。
曾ばあちゃんも曾じいちゃんも90をとっくに超えてる。でも、話ははっきりしてるし、
じいちゃんの方なんて畑仕事してる。元気だー。
いつも歳を聞くと「96歳」くらい。ほんとは若干違うらしい。でももうそんな細かい事どうでもいいの。

IMGP0536_R.jpg
ばあちゃんがどこからか出してきてくれたひょうたん。


IMGP0539_R.jpg
ひなが変な格好を突然始めた。


IMGP0542_R.jpg
お手本発見。
曾ばあちゃんとひなとゆいと同じ格好して一列に歩いてもいた。それはちょっと撮れなかったけど。


IMGP0622_R.jpg
(これは次の日の写真。)
すごく大きいアリを見つけて、曾ばあちゃんが「ほれほれ、これなーんだ?」ってゆいを呼んだそばから
手でブチって潰した。衝撃的。


IMGP0548_R.jpg
本家から実家に戻ると、仕事に行っていたお義父さんが帰ってきた。
お義父さんと伯父さんととても似てるのに、伯父さんには人見知りして、じいちゃんには砂利でおもてなし。
どこが違うんだろうか。


夜になって、花火をすることになった。
これは遊びだけではなくて、お盆の迎え火のような意味合いがある。この地方の風習らしい。
私の実家の方ではなかったから新鮮だった。
ちなみにお盆になると子供達は「花火代」といってお正月のお年玉みたいなものをもらえる。
もううちらはあげる世代だけどね。
IMGP0564_R.jpg
花火に興奮して、「おー!!」って言いながら火を触ろうとするゆい。やめろーー!


IMGP0587_R.jpg
「ひなちゃん、きれいだねー。」
じいちゃんとひな。


次の日は家族で家の周りを散歩。
IMGP0601_R.jpg
寝起きそのままの旦那と、ゆい。


旦那の実家は、沿岸ではあるけど山々に囲まれててほんとに日本の原風景といった感じ。
IMGP0604_R.jpg
こんな。この畑のとうもろこしが毎年私の実家にも届けられる。
すっごく甘くておいしいの!しかも100本以上送られているらしく、うちの両親大喜び。


IMGP0600_R.jpg
線路沿い。「電車じゃねーよ、汽車だよ」って旦那が言う。電気で走ってないんだって。

そんな山に囲まれた土地で、牛の鳴き声や野良猫や雑種の柴犬を見ながら旦那から聞いた話。
「俺、中学生くらいにさー、ここらへん歩いてたらアフガンハウンドがフリーでいたんだよ。見たことねー生き物だし、つながってねーし、急いで逃げたよね。そんであんまり奇妙な生き物だったから俺何の生き物か調べたんだよなー。」
アフガンハウンドって!!超足の長い、顔の小さい犬だよね!!
ここは雑種の柴犬しか似合わない場所よ!こんなとこにそんなしゃれたでっかい奴がいたら確かにビビる。子牛?!って思う。


IMGP0619_R.jpg
家に帰って「これ買っといたよー!」とじいちゃんとばあちゃんがくれたピーヒョロ笛。
ほんとは名前知らない。なんていうだろう、これ。
それをマスターしたひな。ゆいはあんまりできなくてものすごいスピードで興味を失った。
でもひながうまくピーってすると誰よりも喜んでいたのはゆい。ゆいが出来たのかと思ったよ。


で、最後にハプニングが一つ。
ひなが網戸ごと庭のコンクリートに転落しました。
網戸に寄りかかっていて、それがガタンと外れた。
縁側はなく、ひなは網戸と共に50センチ位下のコンクリートと砂利の境目におでこを強打。
上の写真でも分かるほど、今も痛々しいおでこ。
赤くてでっかいコブができているので念のため病院にも連れて行った。

普段窓を閉め切ってクーラーでお過ごしの方、お盆で実家に帰るときはご注意ください。
網戸は簡単に外れます。
あと、人がたくさんいると思ってかえって油断しちゃいますよねー。
いやぁ、大人の注意力が足りませんでした。
ひなごめんねー。



そんな1泊2日の田舎の旅。
おじいちゃん、おばあちゃん、また行くねー!








ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

最後まで見てくださってありがとうございまーす。




















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。