<一部変更>わたあめ日記へようこそ!
2010年12月以降のブログについてみなさまへのお願いを《コチラ》に書きましたので
どうぞお読みください。準備が出来次第お返事させていただきます!
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちいさな恋の物語 
昨日の公園での話。

私達が行った時、公園には誰もいなくて「ラッキー♪」なんて
言いながら三人でゆるゆると遊んでいた。
IMG_1377_convert_20090409210121.jpg
「象さんこんにちは」

IMG_1378_convert_20090409210230.jpg
「コアラに乗るなんて初めて~」
なぜ乗り物にコアラなんだろう、と私は疑問で仕方なかったけど、
ひなに言ったって知らないだろうから黙ってた。


IMG_1382_convert_20090409210329.jpg
ブランコを見上げるゆい。


IMG_1384_convert_20090409210416.jpg
こちらも然り。上に何がある??


IMG_1385_convert_20090409210508.jpg
こうやって見ると、やっぱりチビだね、君たち。


IMG_1386_convert_20090409210611.jpg
「ママー、これおもしろそう!ちょっときて!」


IMG_1388_convert_20090409210702.jpg
はいはーい、とひなが行って、あっという間に乗っ取った。


少しすると、小学2,3年生くらいの男の子がやってきて、
ひなとゆいが陣取ってた滑り台に登ってきた。

「あ、お兄ちゃん遊ぶから、ひなとゆい邪魔になんないようにあっち移動しよう。」
と二人を滑り台から離し、ブランコへ。

すると、その子、すかさずブランコに移動してグングンこぎ出す。
「あー、お兄ちゃん使うみたいだからゴッチンコしないようにコアラさんとこ行こう。」
と最初のコアラに連れ出すと、また先回りして取られちゃった。

いや~困ったな、帰るかなと思ってたら、ゆいが果敢にもコアラに乗ってるその子に近づいて
超至近距離から無言の抗議。
ジーーーーーーッ。

するとお兄ちゃん、「乗る?いいよ!」とゆいにコアラを譲ってくれた。
「ありがとねー、お兄ちゃん優しいねぇ!」と私がお礼を言ってる間も
ゆいは、ただただお兄ちゃんを見つめてた。

そしたらお兄ちゃんはニコッと笑って滑り台へと去っていったんだけど、
今度はゆいがトコトコと追いかけて、滑り台のふもとでお兄ちゃんを待ち構え。

私とひなはそれに付いて行って、「ごめんね!お兄ちゃんのこと追っかけちゃって。」と
言うと、「ボクのコト追いかけてるの?」とお兄ちゃん。
「そうなの、お家にお兄ちゃんっていないから嬉しいのかなー。」と言いながら
ゆいを離そうとすると、「ボク、弟と妹いる。」と教えてくれて
とてもゆーっくり滑り台から滑ってきてくれた。

感心したのが、滑る前に自分の靴底に付いてた砂をちゃんと払ってから
滑ってきてくれたこと。
下でゆいが座ってるから、砂が落ちていかないようにっていう配慮。

ほんとに優しいお兄ちゃんなんだなって思った。
その辺りから男の子が二人公園に来て、キャッチボールを始めたんだけど、
それを見て、「ボール、ぶつからないようにね。」とひなとゆいに言ってたのもかわいかった。

滑り降りてきたお兄ちゃんをゆいは満面の笑みで迎えて
「ばぁ!」とやってもらってさらに声を上げて笑った。

そこから、しばらくお兄ちゃんと滑り台で楽しんで、
次は追いかけっこ。
お兄ちゃんが「待て待てー!」と言うと、ゆいはテケテケと走り出す。
ひなも走り出す。
その両方を上手に追いかけて、おうちでいかに弟と妹の遊び相手をしてるか
よーく分かった。私は、「あはは!」と笑いながら見てただけ。楽しちゃった。

もうゆいはお兄ちゃん大好きになったみたいで、すぐ後を追いかけてく状態。
「こりゃ恋だね。」とひなと私は静かに見守っていた。

たまにお兄ちゃんは私達のとこに来て、いろいろ話す。
「てんとう虫は、死んでる振りしてるけど、ほんとは死んでなくて
臭い液出すんだよ。あと、田んぼにはやごとか、ザリガニとかいて
どじょうとザリガニは家で飼ったの。食べてる。」
ん?食べてる?ザリガニを??と思ったらうちのひなが石食べてた。

流れるような喋りの中にさりげなく入れてくるから、分からなかったよ。

しばらくして、また滑り台で遊んでくれて、何回も「ばぁ!」してもらったら
ゆいがふら~っと滑り台から離れていった。
飽きたのね。愛しの彼にも、滑り台にも。

そこからお兄ちゃんが「影ふみしよう!」と提案してきて、私も入り
4人で影ふみ。っていうか、私とお兄ちゃんでひなとゆいの影踏みまくり。
「ひなとゆいの影なんて簡単に踏めるよねー、踏め踏めー!」と言っていたのは私。
誰が一番子供だったのでしょうか。

そして、ゆいは疲れたのかどっしり座り込み、もう彼の後を追いかけることはしなかった。
と、同時にお兄ちゃんのお友達が公園に来て、お兄ちゃんもそちらに合流したので
ゆいの恋はあっけなく完っ全に終わった。

ひなは後半、ずっと下向いて石で遊んでた。

飽きっぽい女と、もくもくと石で遊ぶ女。
どちらが将来心配じゃないか、今度旦那と話し合ってみよう。


IMG_1371_convert_20090408153131.jpg
仲良さげだけど、ほんとはひながすっごい嫌がってる図。
ゆい、重いんだって。




ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

最後まで見てくださってありがとうございまーす。




スポンサーサイト
双子用ベビーカーについての考察 
最近めっきり暖かくなって、子供と外に出掛ける事が増えました。
散歩に行くときに必要なのがベビーカー。
うちの二人はそんなに長い距離はまだ歩けないので。

その双子用ベビーカー。
双子のママなら悩みませんでした??
「縦型」か「横型」か。

最近見かけるのはほとんど横型ですね。私も横型に憧れたのですが
これまた幸いな事にベビーカーを頂くことができまして、それが縦型だったんです。
IMG_1374_convert_20090408153032.jpg
これ。


IMG_1373_convert_20090408152924.jpg
幌を被せるとこんな感じ。


これは、グレコというメーカーのものでスタジアムデュオという名前です。
知り合いの知り合いという方に双子のお子さんがいらっしゃって、
「もう使わないから譲りますよ!」といって、くださいました。

こんなにごつい形をして、操作性はものすごくいいです。
グルングルン方向を変えられます。そして、段差にめちゃくちゃ強い。
スーパーのレジも「通れるかしら?」と気にしたことはありません。
大抵通れます。

真正面から来た人とすれ違う時、横に来て初めて「あ、双子。」
というサプライズも与えられます。

だた、私の目線からゆいの姿(前席)が全く(ほんとに全く!)見えないので
いたずらするようになってから、知らないうちにゆいがスーパーの商品に
触ってるってこともたまに起こるようになりました。

そんなことがありながらも、私としてはとても気に入って使わせていただいているんですが
なんせこのベビーカー、重い!!
頂いたときに説明書などは無かったので「重いなー」とは思ってたんですが
気にしないで車に乗せたりしてました。が、ネットなどで調べてみると
重量15キロ弱という事実。

数字を聞いたら、余計重さが増しまして、旦那と相談した結果、
もう一台買う事にしました。
テーマは「軽さ」。
とにかく軽いものを探せーーー!ということで買ったのが
IMG_1358_convert_20090406214907.jpg
こちら。Gかるツインというベビーカー。
名前に「かる」と付いてるだけあって、重さは5キロを切ります。
折りたたんで肩に引っ掛ける用のベルトも付いているので
ヒョイと引っ掛けて持ち歩き出来るという軽さ!

つくりは華奢で、初めは乗せるのが不安でしたが
乗せてしまえば大丈夫でした。
ただ、長時間には向いてないと思うので、ちょっとそこまでという時
使います。
前輪がクルクル回るので操作性は良いです。
なにより、二人並んで座る姿が「うちのこ双子ですー!」という感じで
結構いろんな人に話しかけられます。

横型っていろいろ通れないところがあるんだろうなぁと思ってましたが
意外と通れる所が多くてビックリ。


うちではこの2台をその時に応じて使い分けています。
でも、未だかつて縦型に乗せている双子ママに出会った事がないので
きっと主流は横型なのでしょうね。

今になってみると縦か横か、悩んでいた頃が懐かしいです。
実際使い始めたらどっちでもいいやーとなるもんで。
横だったら通れる所を歩けばいいし、縦だったら細い道にチャレンジしてもいいし。
こんな事を言えるのは田舎に住んでる私だからなんでしょうけどね。



今回、ベビーカーに乗せて行った先は遊具のある公園でした。
そこでゆいの小さな恋の物語が始まったので、また明日書きたいと思います。






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

最後まで見てくださってありがとうございまーす。




つむじの向き 
妊娠中、一卵性双生児のつむじは巻きが逆だって聞いた事があった。
「ほんとかなー、生まれたら見てみないとねー。」なんて
言ってて実際二人の頭を見てみるとなるほど逆。

IMG_1352_convert_20090407205809.jpg
髪の毛の流れに沿って結ぶと、こんな風にあっちこっち。

ちなみに、産まれてすぐ病院で保温のための帽子を被らされてたひなとゆい。
そこからはみ出る髪がクルクルで、天パーだなーと思ってたら
今じゃすっかりストレート。

だいたい、旦那の髪が生粋のストレート。
ストレートすぎて困ってる位ストレート。
縮毛矯正をかけてる人にとっては実にうらやましい毛質だと思うけど、
本人は少しくせが欲しいんだって。
あと、髪の毛がびっしり生えてる。多い。だからいつも私に「少し抜けば?」と
からかわれてる。

ひなとゆいも髪、多くなるのかなぁ。


ちなみに写真は模様替えの効果を表してる。
いままでの配置では私がご飯を作り始めると、カウンター前のソファに登って
パタパタしたり、ソファから叩き落ちたりしてたんだけど、
今じゃこんな風に落ち着いて遊んでる。

勝手にテレビ付けて、二人並んで天気予報見てるのね。
こうやって仲良く並んでるのは、とっても珍しい。
いつもケンカしてるか、ひながゆいに突き飛ばされる前に避難していくから。


IMG_1354_convert_20090407205910.jpg
これが、今の力関係を物語っているね。
デーンとしてる方がもちろんゆい。


一卵性は利き手も逆とかなんとか。ほんとかなー。
できるだけ自然に任せて、どういう成長をしていくのか観察してみよう。
これも双子育児の楽しみの一つ。





ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

最後まで見てくださってありがとうございまーす。


こはるびより 
今日はここ岩手でもとても暖かくて、外に出ないのがもったいなかったので
三人でお散歩。

向かうは公園。

春休みが終わった事もあって、公園には子供達の姿はなく、
とても広く感じられた。

「さぁ、思いっきり歩き回ってこーい!」
と放したら
IMG_1355_convert_20090406214534.jpg
これ。
ひながやったらね、当然黙ってられない人がもう一人。
IMG_1356_convert_20090406214630.jpg
ワーン。


IMG_1357_convert_20090406214738.jpg
ツー。


IMG_1358_convert_20090406214907.jpg
スリー。


正面から見たら、風でベビーカーが流されてるのかと思うよね。
二人に前は当然見えてはいなく、私の姿も見えていないので
気づくと結構遠くに行ってたりして
IMG_1359_convert_20090406215005.jpg
この位遠くなると、「あっあー!」と私を呼ぶ。
その声がとてもよく合っていて、見事なステレオ放送風。
まなかなちゃんのシンクロした声を思わせた。


ゆいは、どうもこの芝生が苦手みたいで、芝の上をなかなか歩かなかった。
「大丈夫だよー。ゆいおいでよー!」と少し前からおいでおいでしたら
逆においでおいでと思い切り手を振って私を呼ぶ始末。
その仕草、うちでやったことないでしょ。

でも、そのおいでおいでの手の振りが思わぬ発見をもたらした。
IMG_1360_convert_20090406215052.jpg
「なんじゃこりゃ」
それは影だよ。ゆいと同じに動くの。

ひなはまだまだ押しまくり。


IMG_1362_convert_20090406215640.jpg
ちょこっと場所を変えてもひなはベビーカーを押す事に命を懸けていた。
ちょうど、障害物に当たって動けなくなってるところ。

もう疲れたゆいは、休憩しつつ、ベンチに座ってたカップルをガン見。
いやいや、ママが気まずいからやめて。


IMG_1365_convert_20090406215212.jpg
「おう!」


IMG_1370_convert_20090406215454.jpg
ブーン。
「飛行機みたいだねー。」って言いながらよーく見たら、縁舐めてた。


IMG_1369_convert_20090406215404.jpg
今日は風も冷たくなくて気持ちよかったね!






ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

最後まで見てくださってありがとうございまーす。








お片づけ おまけのバナナスタンド 
ゆいは、物の所定の位置を結構覚えてるみたい。

使用済みのオムツ、掃除機、ベビーローションなどなど
私が持っていこうかなと立ち上がる前にすでにその場所にいて
「あっあー!」と誘導してくれる。

昨日、オムツを替えた旦那が遊び半分で
「ゆいー、これ元の所に返してちょうだい。」っておしりふきを渡したら
とってもスムーズに元の位置に戻した。

私たちはそりゃーもう感激して「すごーい!おりこうさんだねー!」を
連発したら、調子に乗ったゆいはせっかく戻したおしりふきを
また持ち出して、そして、また元の位置に戻した。

だよね、褒められるためにはおしりふきを一旦どこかに持ち出さないと
戻せないもんね・・・。

せっかくだから写真に撮っておこうと、カメラを構えて
「これ、戻してみて!」と頼んでみた。
IMG_1327_convert_20090405111553.jpg
ジーッ。

え?さっきから何回も普通に持って行ってたのに
なぜ今回は戸惑ってるの?!

IMG_1328_convert_20090405111640.jpg
ねんねー。
言ってないから。誰もねんねって言ってないから!!

とりあえず、一ボケしてスタスタとおしりふきを片付けてくれた。
IMG_1326_convert_20090405111458.jpg
「うわー!上手~!」
と私が言うと、ゆいもパチパチ。

私と一緒。褒められて伸びるタイプらしい。



さてさて、小さい子供がいる家庭に結構存在する果物、バナナ。
甘いから子供も喜んで食べるし、お腹にたまるのでこんな便利な食材はないですね。

で、このバナナを保管するためにバナナスタンドっていうのが売られてます。
子供が産まれるまで、私の興味の圏外にあったバナナスタンドですが、
こう毎日バナナを見ているとすっごく欲しくなってくるもんです。

そんな時、たまたま見ていた情報誌の片隅に針金ハンガーで作る
バナナスタンドっていうのが載っていて、なんてタイムリーな記事なんだと
感動しながら作ってみました。
IMG_1351_convert_20090405111733.jpg
なかなかバランスもいいし、使わなくなったら元に戻して
ハンガーとして使うっていうのもありだな、と。
こうやってぶら下げといたほうが、バナナも傷みにくいみたいですね。


バナナスタンド、買わずにいけました♪




ランキングに参加しています。
よろしかったらクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

最後まで見てくださってありがとうございまーす。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。